ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クラシコ(結果含む)

予想を裏切る、マドリーにとって素晴しいゲームであった。
本当は1-0で勝ってほしかったんだけど、1点返されて1-1だろうと予想したのだが、まさか

2-0

で勝利するとは、思いもよらなかった。なにより、もうオワタと思っていたラウル・ゴンザレスがすごかった。開始直後の弾丸ヘッド。(先週、自分のサッカーでヘディングミスしたので、今後はラウルを見習います) あれは、全身に鳥肌がたってしまった。それほど最高のカウンター攻撃だった。

バーで見てたんだけど、他の客、約80人くらいはみんなバルサファン。喜ぶにも声をだして喜ぶことはできませんでした。

メッシにはやられていたけど、ホナウジーニョをよく抑えていた。バルサエリア内でも彼がボールを持ったらプレスしに入っていたし、プレスも両側から追い込むようにやってて、DFがよかった。
ディアラもいつもやる凡ミスが今日は少なかった。
ニステルローイが後半開始直後入れて2-0になって直ぐ、4人くらい諦めて帰っていった。(早杉!)
メキシコ人と一緒に見てたんだけど、なんでマルケスがでないんだよ~と怒ってた。コーナーキックとかで、マルケスの頭は結構、威力があるから、今日はそれがなかったねー、と慰めておいた。
まあ、なによりもエトーがいないのが響くし、ライカールトもやはりテン・カテが横にいないとだめなのかもねー。グジョンセンもサビオラもエトーの代わりには絶対なれないな。どれだけバルサがエトーに頼り切っていたか、いなくなった今あらためて彼の偉大さが身にしみる。

バルサよりの新聞 →スポルトの記事
レアルよりの新聞 →ASの記事
ほぼ中立の新聞 →MARCAの記事

比較すると面白い。
やはり、何が面白いって、バルサが負けたことで、リーガ自体が面白くなったこと。
c0074657_8232874.jpg

7節を終えたところで、1位から8位まで勝ち点3しか違わないこと。
やはり、リーグ全体を考えると、混沌としてたほうが面白いし、楽しい。
(去年のJリーグや、今年の野球のパシフィック・リーグみたいに…)
いつまでこの状態が続くか分からないけど、できれば最後まで4-5チームで優勝争いしてほしい。
[PR]
# by esade | 2006-10-23 08:28 | サッカー

日曜日はクラシコ

c0074657_711828.jpg

日曜日はいよいよ、CLASICOが行われる!
スペインのNO1スポーツ紙、MARCA(マルカ)でも特集サイトを作製し、日々というより、数時間ごとに様様な記事をUPしている。

今年は去年よりも楽しみだ。
理由1 - バルセロナが去年ほど調子が良くない、レアルが去年よりマシ。
理由2 - この前あったChampionsLeagueで、バルサが負け、レアルが勝ったので、メンタル面でレアルがいい感じ。

去年よりも拮抗した試合が見れると思うと、楽しみで仕方ない。

やはり、リーガエスパニョーラというリーグ全体の利益を考えると、1強+その他 という図式はいただけないと思う。その点、今年はバレンシアも強いし、セビージャ、アトレティコ、レアルあたりも上位を狙えるので、昨年よりずっとマシだ。

CLでバルセロナはチェルシーに潰されまくり、本当にいいところがなかった。ドログバのトラップとあのスピードで切り替えしたシュートは圧巻だったが、それ以上にバルサのお株を奪うチェルシーの前線からのプレスは見ごたえがあった。普通、バルサは最後尾から試合を組み立てるのだがそれが全くできていなかった。 モウリーニョ、アッパレ、というしかない。

CLでレアルは相手が相手とはいえ、アウェイで大勝。ロビーニョが生き生きしていた。おそらくクラシコも先発だろう。ニステルローイのふわりと浮かせたシュートは、GKからしたら、股抜きで決められる次にむかつくものだろう。ただ、ディアラとエメルソンが下手くそなのが、かなり気になる。

ということで、今年のクラシコ、予想では

1-1 引き分け

とでもしておこう。
(バルセロナに住んでますが、今年はマドリー応援します)
[PR]
# by esade | 2006-10-21 07:30 | サッカー

Rankings <続>

とくにコメントする気はありませんが、

Business Weekのランキング


Economistのランキング
(お隣のIESEが、2年連続で1位なったようです、おめでと~)

ランキングを重視されるかた、クライテリアを吟味してくださいね。
[PR]
# by esade | 2006-10-18 17:52 | ESADE in RANKINGS

Bruce Lee X BMW

わたしが尊敬する人の中でもブルース・リーはかなり上位に位置する人で、2年前くらいにNHK・BSで年末、ブルース・リー特集をやっていたときは毎晩食い入るように映画を見て、素晴しい年末を過ごした記憶があります。
また、LAのチャイニーズ・シアターの手形のフレームでは、他のハリウッド俳優のものは全く興味もなく、見る気すらおきなかったのですが、Bruce Leeという名前の前では、しばし我を忘れ、感激して彼の手形を凝視したものです。

そんなBruce Leeが最近、スペインのBMWのTVコマーシャルで使われています。


やはり、ミスター・アジアです。 必見!!
c0074657_6263626.jpg

[PR]
# by esade | 2006-10-16 06:26 | OTHERS

サッカー続

先週、サッカーのトーナメントに参加してるって書きましたが、今日は難敵と対戦し、久しぶりに我を忘れるくらい熱くなりました。
なんで我を忘れるくらいかっていうと、家に帰って鏡をみたら
c0074657_88832.jpg

顔にキズがついてます。
相手選手に引っ掻かれたのか、どうしてサッカーでこんな場所にキズがつくのかイマイチ分かりませんが、やられました。私の座右の銘は

やられたら、やりかえせ

次の試合には、爪を尖らせて挑みたいと思います。
[PR]
# by esade | 2006-10-15 08:13 | サッカー

ファイターズ優勝

ファイターズがパリーグで優勝しましたね。
ファイターズは北海道を本拠地にしたのと、陰ながら新庄ファンなので、応援していました。
(本当はヤクルトファンです)

最後、サヨナラを打ったのも元ヤクルトの稲葉だし、うれしい限りです。

しかしこの数年で、野球界は様変わりしましたね。

普通の会社もそうですが、「うちは、業界1位だから、シェアトップだから。。。」
と努力を怠ると知らないうちに業績が低くなり、ライバル会社にやられてしまう。

「うちは読売グループだから、名誉終身監督がいるから。。。」
まったく魅力の無いチームになりましたね。

今、ジャイアンツファンの人ってまだいるんでしょうか?
キヨもそうでしたが、工藤とか、江藤とか、野口とか、こんなはずじゃなかった。。。と思ってるかもしれません。

3年で弱小チームを優勝させてしまうヒルマン監督はものすごい辣腕だと思いますが、落合監督はかなりすごいと思います。ここ3年の結果
優勝ー2位ー優勝
は彼のコーチング力の強さ、上手さ、これ以外の言葉が見つかりません。
(誰だか知らないけど、彼のお守り 返してやってね)

日本シリーズはやはりファイターズにがんばってほしいですね。
っていうか、見たい。。。
[PR]
# by esade | 2006-10-12 23:19 | OTHERS

Dieselエンジンについて

今日、授業の一環で、HONDAが新しいディーゼルエンジンをConsumerに紹介するために作ったCMをみた。

主に2つの事を訴えている
*ディーゼルのあの独特の耳障りな音が静かになった
*環境にもやさしい

でそのCMはこちら
<エキサイトではYOUTUBEをEmbedできないみたい。。。>

その後、アメリカしか知らない、アメリカ人が、私が正しいといわんばかりに、発言してきた。
「ディーゼルエンジンなんて、トラックとか商業用自動車しか使ってないのに、こんなCM作って、一般のセグメントに訴えることは無理だわ、環境にも良いといってもディーゼルでしょ」

ディーゼル=商業車 という固定観念しかない彼女だったのですが、一言、ヨーロッパでは一般車もディーゼル車がとても普及しているよ、言ってあげました。え?!っと言った後黙ってしまいましたが、アメリカでは、トヨタのプリウス=エコ・カー という図式ができて、他はエコ・カーでもなんでもないんでしょう。

日本でもそれこそ商業車の分類しかディーゼルは見受けませんが、ヨーロッパは本当に多いです。トヨタの新車もディーゼルだし、レンタカーはほとんどディーゼル。でWIKIPEDIAにはこんな説明が
#########QUOTATION##########
日本では、ディーゼル燃料がガソリンに比べて税制上安価(おおむね70%程度の価格)であることから、上記大型自動車などの他には、主に経済性を優先する商業用の自動車(小型トラック、ライトバン、SUVなど)に多く使われる。

ヨーロッパではその省燃費性から「環境に優しい車」の代表格として一般乗用車においても広く普及しており、ディーゼル車の普及率は2001年の資料で、ヨーロッパ全体で約40%、オーストリアで62%、ベルギーで57%、スペインで54%と過半数を占める。割合の低いドイツでも30%となっている。ちなみに同年の日本の普及率は6%と1割にも満たない。

特にヨーロッパでは2段過給等の新型高過給装置と尿素触媒などと組み合わせによる極低公害のプレミアムスポーツディーゼルが好評を博している。またヨーロッパの自動車メーカーであるアウディは、2006年から5.5LのV型12気筒ディーゼルエンジンを搭載したR10でル・マン24時間レースに出場し、デビュー戦で優勝を収めた。
#########QUOTATION#########

スペインでは半数以上がディーゼルなんですねぇ。すごいです。
まあ、スペインの場合、ディーゼルのほうが給油時安いから、という理由で選ばれているのかな?ゴミもポイ捨て、たばこも火がついたまま捨ててる人たちなんで、口では環境とかいっても、行動がともなわない人たちなんで。。。
[PR]
# by esade | 2006-10-11 08:28 | Escuela [学校]

サッカーLIFEと足首

土曜、日曜はバルセロナで草サッカーをやっている。

当初、Z氏が1月からバルセロナで仕事をするようになってから、サッカーでもしたいね、ということで、ESADEのサッカーに呼んでいたのだが、そのうち、彼はMIXIにバルセロナ草サッカーというグループを作製した。当初、Z氏と私の二人しかメンバーがいなかったのだが、草の根活動をZ氏が行い(日本語図書館、日本食材店、日本人宿等に張り紙張り)、グループを開設してから3週間くらいたって、本当に練習が行われた。メンバーも10人程度から、今ではMIXIで50人を超えるグループになった。
彼の行動力、統率力は一目を置くところがあるし、そのおかげでいろんな人に会い、刺激的な時間を過ごすこともできる。

普通のサッカーだけでなく、ビーチサッカー、別荘でパーティー等々、まるで大学のチャラいサークルのようだった。そして、今、土曜日は真剣な、勝つサッカーを求め、7人制サッカーに参加している。

やはり自分にとってもチャラいものより、勝負にこだわる試合は面白い。
大学時代も週6日で朝錬、6時起床でスポーツをしてきたので、勝負にこだわる試合は自分にあっているかもしれない。(学生時代はチャラいサークルに憧れたものだが。。。)

ただ悲しいかな、左足首がもう半年くらい負傷したままで、まんぞくな走り、キックも出来ないのだが、病院にいったらギプスとかされそうで、そうなると試合にも出れないので、だましだまし右足だけでサッカーをしている。全速力で走ったり、切り替えしができないので、他のメンバーには迷惑をかけているが、なんとか理解してもらいたい。。。(やっぱり、病院にいったほうがいいのかなぁ~)

昔なら多少の怪我も時間がたてば自然に治ったのだが、(これも年のせいか?!)半年も痛いままっていうのはおかしい、と思う。

病院にいこうか、いかまいか。 それが問題だ。  (シェークスピア風に)
[PR]
# by esade | 2006-10-09 05:39 | バルセロナLIFE

MULTI CULTURAL

先週の集中授業を終え、今週は普通の選択授業が始まった。
2年目はそれぞれELECTIVEをとり、FINANCEの授業だけ、MARKETINGの授業だけ、また好きな科目をMIXしてとることも可能だ。
そして、18ヶ月MBAのほかに、12ヶ月MBAの学生、Exchangeで来てる学生、Double-Degreeの学生が全てMIXで授業を受けている。

これがなかなか面白い。

一年目はずーと同じメンツだったので、最後のほうはパーソナリティの部分も分かってきて、何かの発言をするときも、話す前から言いそうなことがわかったりしたものだが、今はどんな発言がとびだすかわからない。そして、インド・バンガローから来たバリバリのインド英語、中国本土から来た中国英語も久しぶりに聞き、MultiCultural度が一層深まった。

今までいなかった国、例えばトルコ、インドネシアなんかからも学生が来ているので、より面白い環境になった。
私はマーケティングを中心にとったが、ちょこちょこファイナンスやエコノミックもとってみた。
あと1週間、クラスを変更できる猶予があるので、もう少し考えてみる予定である。
[PR]
# by esade | 2006-10-06 18:55 | Escuela [学校]

Valueとは

CSRについて、いろいろ叩き込まれている毎日ですが、CSRという言葉が一人歩きしている今日、捉え方、意味合いがアメリカとヨーロッパでは温度差があるようです。

会社のHPを見れば一目瞭然ですが、アメリカでは、”カトリーナ台風で10000ドル寄付した、津波被害に20000ドル寄付した”とか、社会的コミットメントというよりフィランソロピーに限りなく近いことをメインで行っています。(で、それをHPで大々的にマーケティングツールに利用しています。)
逆にヨーロッパでそういうことをすると、「マーケティング利用みえみえ、うわべだけの善意だ」と大半の人は思います。
で、アメリカではCSRがフィランソロピー的な意味合いを持っており、逆にヨーロッパでのCSR的な活動は(Social) IMPACTと言われているそうです。

ところで、今日はVALUEに関しての話がありました。 例えば、うちの学校ESADEはどういうVALUEを大切にしているかというと、TeamworkとかDiversityといったValueを大切にします。会社もそれぞれどういったValueを大切にしているか、HP等ででていると思うのでそれが自分の大切にしているValueと一致もしくは似ていないと、入社してから困ることになります。これから仕事探しする人は自分のしたい事も大切ですが、それと同じように会社の方向性、どういったValueを大切にしているか、もあわせて調べてほしいものです。

そんな中、The Insider という映画を授業の一環で見ました。この映画はPersonal, Professional, Organizational Value と3つの異なるValueにどういうPriorityをつけるか。会社が社会的に問題となる行動をしているのを知っていて、良心の呵責に悩むが、病気の子供の医療費のために会社と守秘義務を約束する。しかし本当にそれでいいのだろうか、やはりPUBLICに公表するべきではないか、正義と生活の保障の狭間で自分の持っているVALUEの優先順位が変わっていく過程を描いた映画でした。

個人として、プロフェッショナルとして、そして会社の社員として、時にVALUEが相反する時もあり、どちらかを犠牲にする、捨てなければならないときがあります。その優先順位を決めるのはとても苦しく、悩む過程であります。(日本では会社の社員としてのValueが高いのかな?)

が、ひとつサッカー選手の別な例を挙げておきます。
現在リーガ・エスパニョーラのビジャレアルでプレーしている元アルゼンチン代表、リケルメはつい2週間前にアルゼンチン代表から引退すると発表しました。結構、日本でも報道されたので知ってる方も多いと思います。
彼は別に怪我をしたわけでもなく、モティベーションが無くなったわけでもないのですが、代表引退した理由は「母親が大事だから」  詳しくは母親が病気がちで、自分が代表でプレーしてて、(負けたりして)批判がリケルメに当てられると、母親にいやがらせをしたり、生活に危険な状態が生まれるとのこと。それが元で、精神的にもまいっているとのこと。それで引退したそうだ。
ここでリケルメは先ほどのValueで測ると、 Personal Value(家族)とProfessional Value(アルゼンチン代表として試合する誇り、名誉)との間でどちらかを選択しなければなりませんでした。 先ほどのハリウッド映画では、その心揺れ動く模様を描いていたのですが、リケルメの場合、「選択は簡単だった」そうです。 彼のコメントによると、「代表と家族、もちろん僕は家族をとる。母親は僕にとって1人しかいないし、大切な家族だから」とのこと。(リケルメを映画にしたら、10分で終わってしまいそうです)

サッカー界ではヒデ、プロ野球では新庄が引退しましたが、いつまでもやめないで~と話している第3者が彼らに抱いていたVALUEと彼ら自身が持っていたサッカー、野球に対してのVALUEには違いがあったと思います。もしくは、いくつかあるVALUEの優先順位が違っているはずです。

今後の人生においても、そういった転換期が必ず訪れるはずなので、何に優先順位をおくか、妥協できないValueをベースに進んでいくしかありません。

あなたが妥協できないValueは。。。?
[PR]
# by esade | 2006-09-29 06:17 | Escuela [学校]