ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤沢武夫について

先週木曜日から週末含めてレポートの嵐でした。
とくに金曜日は昼1時から夜の1時までぶっとうしでレポートを書いていたので、かなり堪えています。

その中でもアントレプレナーの中で尊敬する人を選んで、その人について書く、というものがあり、私はホンダの本田宗一郎氏にしました。



最後は藤沢武夫のレポートになってしまいました。

もともと、伝記ものはあまり読まず、昔やっていたProject-Xも見た事がありません。(バイクのパーツをつくっていたヨシムラの時に少しだけ見たくらいです。)
本田宗一郎を描いた本は以前数冊読んだことがあり、藤沢氏の名前も知っていたのですが、経営に終わりはない、という本人が筆した本を読み、おもわず感銘を受けてしまいました。
c0074657_233493.jpg


勉強不足で申し訳なかったのですが、彼がここまで経営の軸を担っており、全てのDecisionMakingを行っていたのは、今回初めて知ることになりました。
他に本田宗一郎氏を描いた本も同時に読んだのですが、それらを読んでいる時はおもわず涙がうるうると頬をしたたりそうでした。

昭和29年の経営危機、そして引退するときの宗一郎氏との言葉のやり取りは、彼らが二人三脚でちっぽけな会社から世界的な企業になしえた、大きな夢が重くのしかかっており、大変読みごたえがありました。

今、会社はCSRがどうのこうのと躍起になっていますが、藤沢氏は会社はCorporate Citizenでなければいけない、と50年以上も前から定義しています。そしてあれだけ長期的に会社の将来を考えていた人物は他にいないのではなかろうかと思います(松下幸之助氏は別ですが)
今の世の中であれだけ長期的に会社の姿を考えられる人はまずいないでしょう。

金融で利ざやを抜いたりして儲けるのも凄いと思いますが、そこに感銘はありません。

魂をこめた宗一郎氏のエンジン開発と魂をこめた藤沢氏の経営哲学、尊敬します。
[PR]
# by esade | 2006-12-12 02:51 | LIFE

TERM4 終了前

最近、UPが行われていませんが、1年時のようになぜか忙しくなっています。
2年になったらある程度、余裕がでてくるかと思ったら、大間違いなようでした。
まあ、テスト前ということもあり、レポートの仕上げ、グループワークの集まり等々、やたらと時間の制約がついてきます。

週末もレポートを書き続けました。そして明日も休みなのですが、一日中、レポートを書く事になってしまいそうです。これが木曜も、金曜も。。。。orz.

レポートが終わったら、今度はテスト勉強です。これを乗り切るとクリスマスブレークです。
ヨーロッパのどこかに行こうと計画していますが、まだ未定です。

p.s. さきほど、バルサ対ブレーメンの試合が終わりました。
ブレーメンの野望もホナウジーニョの裏をかくフリーキックの前に敗れてしまいました。
フリーキックをもらったプレーはどうみても、シュミレーションですが、バルサホームでは全て審判も笛を吹いてしまいます。ただ、あのフリーキックは圧巻でした。
c0074657_1054324.jpg

ホナウジーニョ・ガウチョ
[PR]
# by esade | 2006-12-06 10:06 | Escuela [学校]

YOUOS

ほとんどの方はYOUTUBEを知っていると思いますが、YOUOSという、SaaSなサイトがあります。

どんなPC, LINUX, MACでもブラウザでアクセスするだけで、自分の設定したデスクトップが見られる、というものですが、どこまで使えるのか、使ってみました。
c0074657_8183751.jpg

で、デスクトップで展開するアプリケーションはJavaスクリプトで書いてまして、それをみんなでShareする感じになっています。で、そのシェアサイトには何万ものアプリがUpされています。
(Salesforce.comも、開発アプリをShareするモデルを採用しており、CRMマーケットに旋風を巻き起こしていますね。。。)


YouTube用のRSSやFlickr用のRSS、ブラウザ等はDefaultで最初から搭載されてますが、結局のところ、んーん、使い道といいますか、このYOUOSの使いこなし方がよくわかりません。

そのOSに依存しないというフレコミだったので、フォント関連はどうなんだろうと思い、近くの図書館は日本語フォントが入っておらず、書くことはおろか、読むことすらできません。そしてセキュリティの関係で追加インストールすることもできないので、もしこのような環境で日本語がせめてよめれば優れものだ!と思いました。

で、図書館行って試しましたが、文字化けでぜんぜんだめでした。(結局FontはそのOSに依存してるみたいです。だめじゃん)

これなら、日本語を読むことができるけど、書くことができないPC、たとえばうちらの学校はそうなのですが、そこで必要時に使うAJAX IMEのほうが、ぜんぜん使えます。
AJAX ばんざーい! これ作ってくれた人、GJです。
[PR]
# by esade | 2006-11-30 08:32 | OTHERS

gastronimic festival

去年に引き続き、学校でガストロノミック・フェスティバルが行われました。
去年、優勝したのですが、今年は残念ながら4位にも入りませんでした。(優勝はコロンビア)

途中、電源のブレーカーか落ち、電気コンロが使えなかったことで、お好み焼きが作れなかったこと。人気の寿司が早く終わってしまい、多くの人が味わえなかったこと等々いろいろ要因はあるかもしれませんが、これをばねに来年は今いる1年生が団結し、また入賞目指してがんばってほしいものです。

私は今年は別な国のものを食べることにがんばりました。オランダからはハイネケンの樽を用意してきて、生ビールを飲むことができて、うめぇ~ X 5杯 。その他、南米いろんな国のハードリカーX ショット10杯、その他スペインのワインやら食べ物よりやはり飲みばかりになりました。(もちろん、アメリカのバドワイザーは無視) それでもスイスのチーズはやはり美味かった~。

カメラを持っていかなかったので、友達からもらったら、後ほどUPするかもしれません。
[PR]
# by esade | 2006-11-26 00:31 | Escuela [学校]

ESTABA EN EE.UU.

1週間ばかり、野暮用でアメリカにいってきました。
Boston, New York City そしてIthacaというNY州のかなり田舎に行きました。

New Yorkでは友達に会っただけで何かしたわけではありません。SOHOあたりをぶらぶらしたり、TimesSquareをうろちょろしたりです。
c0074657_8414875.jpg


その中で唯一行きたかった場所がグラウンド・ゼロでした。
c0074657_8423699.jpg


2000年にNYに行った時は、まだ2棟立ってありよくそこの地下鉄の駅を利用したものです。
で、時間がかなり経ってしまいましたが、その跡地を見たかったのでした。
プロジェクトが進行しており、2010年には再びなんらかのビルが建つようでした。

バルセロナはコスモポリタンといわれますが、NYはそのスケールが全く違いました。
本当のコスモポリタンがそこにはありました。
あれだけの人を見たのは東京以来だったので、洪水のような人の流れに圧倒しました。
けど、寒かったなぁ~。バルセロナでかなり体が寒さに弱くなってる気がしました。

日本海の荒波に向かって、気合を入れなおさなければ、とちょっとだけ思いました。
[PR]
# by esade | 2006-11-24 08:52 | OTHERS

コム・デ・ギャルソン

今日はConsumer Researchという授業でなぜか コム・デ・ギャルソンが紹介された。

というのも、ギャルソンがフラグランスのプロダクトを出した時、その製作をしたのがバルセロナの企業だからだ。ゲストスピーカーとしてプレゼンをしたのだが、コム・デ・ギャルソンと仕事をした時は今までの考えを根底からひっくり返された、と話し、いろいろな話をしたのだが、あの会社に対してのレスペクトが感じられた。

彼はギャルソンの考え方がわからず、香水のイメージクリエーションからセールスプロモーションまで、間違った方向で考えてしまい当初の2年間はセールス的にも失敗した、と打ち明けた。
その後、方向転換し、3年目からは黒字になり、とくにUKマーケットの高級フラグランス部門では、一番のハイ・マージンセールスを記録していると語っていた。

コム・デ・ギャルソンというと、川久保玲。彼女はモード界ではカリスマを超えるような存在で、インスピレーションと彼女の哲学でもって、既成概念を打ち破るアートを提供している。
渋谷パルコの店にいっても、私が買って似合うようなものはほとんどなく、人生の中でシャツを1枚とTシャツを1枚買った覚えが遠い昔にある程度だ。今や苦学生の身だし、ファッションとはかなり距離が開いてしまったオヤジの年頃なので、とても私なんぞが着る服ではない。

それはそうと、学校ではいわゆるフレームワークを勉強しているのだが、ある意味川久保玲氏はそれを破壊するのが彼女のスタイルだ。そして、彼女の手法、デザイン、フィロソフィーは影響力を及ぼし、またビジネス的にも成功している。 じゃあ、何のために学校で勉強?…となってしまうのだが、これは彼女が人並みはずれたクリエイティビティを持っており、すでにカリスマ的な影響力を及ぼす人物なわけだから、こういうことができますが、凡人にはフレームワークとか使うしかないのかもしれません。。。 ただ、彼女の心意気だけは、真似したいですね。

確かに、トヨタとかホンダとか超有名日本企業のケースを勉強するのも、いいものですが、ファッション業界のニッチ分野であまり名の知れていない(クラスでギャルソンを知ってるのは2人だけだった。。。)日本企業をこうやって扱ったのは、ひさびさにびっくりしたし、嬉しいものを感じました。
そして、ギャルソンのフラグランスを手がけているそのバルセロナの会社は、その功績を認められ、(まだ香水を出していない)最強のラグジュアリー・ビッグブランド、プラダの香水を手がける契約を結んだそうです。。。

おしまい。
c0074657_3313127.jpg

[PR]
# by esade | 2006-11-15 03:37 | Escuela [学校]

卒業にむけて

卒業にむけて、といっても卒業は3月末なのでまだ時間があるのですが、学校によっては卒業する前に論文を書いたりしなければならないと思います。

私たちの学校では卒論の替わりに、アントレプレナーシップの授業を必須でとらなければならなく、アントレのビジネス・プランを提出しなければ卒業できません。3-4人のグループで提出するものです。

で、何の起業をするか、アイデアを提出しなければならなく、アイデアが浮かんでは消え、あってもスケーラビリティに問題があったり、なかなか難しい日々を送っています。

今日、クラスメートのメキシカンに、寿司レストラン開けば?っていわれて、「バルセロナには腐るほどまずい寿司やがあるよ」と言い返し、逆に「お前がタコス屋開けばいいじゃん」っていったら、じゃ、共同でFusionフード、トルティーヤの中に寿司をくるむってどう?とか言ってきたので、想像したら不味そうだったので、エスプレッソを飲んで喉をうるおした。

その後、実際のグループ仲間と話しているとき、食べ物の話になり、そういえばスペインにはフードコートがないな、という話になり、アジアではどこでもあるフードコートはどうだろう?ということになった。日本だと、食テーマパークも多いし、屋台村みたいなところもあるし、シンガポールではいたるところにフードコートで何ヶ国もの料理を食べれるし、と話しました。

はやくアイデア固めなきゃ。。。
[PR]
# by esade | 2006-11-11 06:12 | Escuela [学校]

ILLYを出すカフェにて

寒さの中にも体を包み込むような柔らかさが感じられた日常も、つい5日前くらいから急に肌をつきさすような寒さへと変わってしまった。
わかりやすく説明すると、夜になるとジャケットが必需品になってきた、ということだ。

今まで季節の変わり目というと、三寒四温というように、暖かさと寒さが交互に訪れ段々と寒くなるものだった。北海道では、雪虫というおそらくこの地球上で一番弱いのではないかと思うほど弱弱しい虫がでてくると冬がやってくる知らせでもあった。(自転車に乗っているとき、雪虫は顔に当たるだけで死んでしまう。もちろん鼻の中に入っても即死だ)

それが、スペインではまるでNotalizationで軽く右手を上げ、左手を聖書のうえにおき、「今から冬になります、いいですか?」と聞かれ、「はい、いいです」といった瞬間に冬になってしまったように、一瞬に季節が変わってしまった。紅葉になるわけでもないので、とくに風情というものがない。ただ、お店に栗が売られるようになり、石焼き芋が道端で売られるようになった。日本では焼き芋は全く食べなかったのだが、こちらの焼き芋は結構おいしいのでたまに食べる。やはり旬で季節を感じることはとても貴重なことだと思った。最近はすいかも年中食べれたり、キャベツも年中たべれるが、旬、という捉え方は大切にしなければならない。

スペインは残念ながらコーヒーはあまりおいしくない。あまり美味しくないといってもイタリアと比較してだが。。。淹れ方も問題あるかもしれないが、豆のクオリティがイタリアのそれとレベルが違うのだろう。。 ただ、美味しいコーヒーはある。ILLYのコーヒーを出してくれるところだ。ここの豆はさすがイタリアの会社だけあって、スペインのローカル会社の豆よりも深い味が堪能でき、毎日は飲めないが、たまに飲みたくなるものである。

家の近くでこれを出すところがあり、少々途方にくれているとき、洗濯が終わった後に穏やかな気持ちでいるとき、やることが多くて一瞬忘れてしまいたいとき、、、そんな特別ではないけども、日常とは少しだけかけ離れた瞬間を、時の喜びで満喫させたいときにふと立ち寄るのであった。

そして、今回このカフェに立ち寄った理由は最後の理由、やることが多くて一瞬忘れてしまいとき、があったからである。

それは何って、   「グループワーク大杉!、2年生なって楽になったと思ったら、グループワーク大杉!」 (今週、プレゼン資料2つつくらなければなりません。。。)

歯を食いしばって生きています。
[PR]
# by esade | 2006-11-07 06:58 | Escuela [学校]

おそらく最後のカンプノウ

10月31日、おそらく最後になるのではないかと勝手に想像している、カンプノウでのサッカー観戦をしてきた。 

バルサ対チェルシー
c0074657_835217.jpg

因縁の対決といわれながらも、去年とはなんとなく雰囲気の違いを感じた。
それほどぴりぴりしていないのだ。
昨年はあくまでも挑戦者の立場だったが、今年は既にヨーロピアン・チャンピオンとしてのプライドを見せつけ、うちらのほうが上手だ、というような雰囲気がかすかに漂っていた。それは、サポーターにも少なからずそう思っている人がいたと思う。
また、まだ予選だった、という見方もある。

何はともあれ、昨年はどうにも実力の違い+バルサひいきのジャッジ、で内容的には面白くなかったので、今年は楽しい試合をみよう、と期待を胸にスタジアムへ向かった。

結果はご覧のとおりだが、一つ悲しい出来事が、もともと座っていた場所から、見やすい場所へ移ろうと思って、試合途中に席を立ちうろちょろしていたら、チェルシーの1点目、見れませんでした(泣)
座っていた場所から電光掲示板も見れなかったので、2-1だったのも分かりませんでした。(号泣)

なにはともあれ、試合内容が去年と比べても面白かったので、よし、とします。。。

バルサ、余裕こいていると、最悪予選敗退かも。ブレーメンも強いし。。。
[PR]
# by esade | 2006-11-03 08:47 | サッカー

今期のクラス

2週間、クラスのお試し期間が終了し、今後はこのまま取り続け、落とせないことになる。
以下が今期とったクラス

Customer Centric System (IT+Managementのクラス)
International Finance
Finance Simulation (コンピューターソフトを使った、財務部分のシミュレーション)
Customer Research (マーケティング)
Design Management (マーケティング)
Branding (マーケティング)
Entreprenuership (アントレ)
そして、SPANISH

明らかに1年目よりは楽ではあるが、それでも木曜はなぜか9AM-10PMまで授業が入っている。
その他、一部のグループワークは交換留学生とやることにしたので、今までのメンバーなら、こいつはきちんと仕事をこなす奴だとか、こいつはさぼるのでほっとこう、とかグループを作った瞬間にどのような役割をこなすか、だいたいわかったのだが、さて、どうなることか。。。

一応、マーケティングを中心に取りました。やはりマーケティング絡みのものには興味を持つので、これでよかったと思います。

いよいよ11月に突入、今年も残り2ヶ月。はやいな~
[PR]
# by esade | 2006-10-28 07:02 | Escuela [学校]