ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

1週間が過ぎ

自分にとって、本格的な授業が今週から始まり、今タームも結構忙しいことに気づく。
周りの練習は週2日とか言っているが、私はなぜか週4日。どうしてだろうと思ったら、まちがって単位をとりすぎたようだ。
2回目のクラスまで変更可なので、いそがしかったら4単位分、クラスを取らなくてもいいや、と思っていたらドロップすることはできない、と言われてしまいました。
そんなの聞いてないよ、と思ったらきちんとレギュレーションに書いていました。orz...

まるで、 目論見書を全く見ずにファンドを買ったりするのと同じですね。
ということで、つまらない授業もドロップすることができず、忙しい日を送らねばいけません。

そして前回、話したように水曜日にスペイン語で授業を受けてみました。科目は
China como pais consumidor (消費国としての中国)
ドキドキだったのですが、なんとなく内容は半分くらい分かったような(分からないような。。。)、で発言しようと思ったのですが、その壁を越えることはできませんでした。アホなこと言えないし、頭の中で構成練ってたら次の話題に移ってしまうし。。。 グループワークもあるけど、クラスで一番キレイだと思っている彼女と同じグループになったので、がんばります。

ヨーロッパは暖冬だったのですが、先週くらいからめっきり寒くなり、スペイン北部、バスクとかは大雪が降っていました。まあ、バルセロナに雪は降ることはないので安心ですが。。。

なんだかんだいっても、あと数ヶ月でバルセロナ生活も終わりです。最後、満喫する予定
[PR]
by esade | 2007-01-27 21:38 | Escuela [学校]

LAST TERM

実は8日から学校が始まっていますが、1週間居なかったせいか、自分の中では22日からが本格的に始まるような気がします。
早速、20分のEnterprise Risk Managementのプレゼンが当日から待っているのですが、この授業は面白かった。日本にいってて3回ほど授業を休んでしまったのですが、休んだのが悔やまれるほど個人的に面白かったSubjectです。
今、日本ではJ-SOX法がなんたら、かんやら。。。と騒がれていますが、このERMがベースになっているんですよね。とても参考になったクラスです。

けど、今回のタームで一番チャレンジングな事はスペイン語の授業を取ること。

スペイン語の授業って、スペイン語を習うクラスではなく、英語で授業を受けるのではなく、
スペイン語で授業を受ける。。。一コマ3時間 X 5
もちろん、資料、テキストもスペイン語、発言もスペイン語でしなきゃいけない。。。
テストもスペイン語。。。

本当に出来るんだろうか。まあ、何事もチャレンジです。
ただ、ここの更新が途中ぱったり途絶えてしまったら、ヤバイと想像しておいてください。。
[PR]
by esade | 2007-01-21 17:42 | Escuela [学校]

最近の日本は

野暮用で1週間ばかり、日本に行ってました。
急な出来事だったので、特別誰かに連絡するではなく、もくもくと用事をこなしました。
知人のみなさん、連絡できずにすみません。次の機会には必ず連絡します。

で、1年半ぶりの日本でした。

やはり情報量が圧倒的でした。今まで、スペインにいたりイタリア、モロッコ等々、近代的とは言えない所を訪問してきたので、あの情報量はすさまじいです。

外国人みたいですが、日本と言えば電気製品! とりあえず、ビックカメラを覗いてみました。
携帯やら液晶テレビやらパソコンやら。。。ものすごい量のDisplayに驚きました。けど、なにが驚いたって、ジョーバ

今まではおっさんが店頭のマッサージチェアで寝ているのが普通でしたが、いまやその横でおっさんたちが腰を振っているのを見て、あぜん、としてしまいました。
プロアクティブでよろしぃ?
1年半前に見ませんでしたが、いつから出たんでしょうか。。。

激変を感じた一例を感じましたが、逆に全く変わってなかったものは
WBSの小谷さん
一年半ぶりにWBSをみましたが、小谷さんは相変わらず綺麗でした。
全く年をとらないですね、彼女。。。

1週間の感想はこんな感じです。
[PR]
by esade | 2007-01-20 17:07 | OTHERS

旅の終わりに - べネツィア

もう旅は終わり、バルセロナに戻ってきています。そしてMBA最後のタームも開始しています。
しかし心はまだイタリアに。。。

フィレンツェではちょっとびっくりするものに出会いました。
c0074657_22313433.jpg

なんじゃ、この人形と思うかもしれませんが、TOY2Rという会社のプロダクトで、ここにマドリー出身のハイメ・アジョン(Jaime Hayón)(33)も作品をコントリビュートしています。
前タームでデザイン・マネージメントというクラスがあり、その中でスパニッシュ・プロダクト・デザインについて調べ、プレゼンをした時に、彼のことを取り上げていたので、とても馴染みのある人形をフィレンツェで見ることができ、びっくりでした。

彼はインタビューの中で、「自分の中ではスパニッシュデザインとか他国のデザインとかそういう枠組みはしたくない、グローバル化されていく中、いろいろな要素が混ざり合うのは自然なことだ」みたいなこと話してました。彼自身、スパニッシュデザインのDNAは持ってない、と話してました。(もしかしたらハビエル・マリスカルとかいう名前を出したほうがいいかもしれませんね)

ということで、フィレンツェの後には最終目的地、ミーハーといわれるかもしれませんが、べネツィアにいってきました。

More
[PR]
by esade | 2007-01-11 22:29 | LIFE

firenze

写真でしか見たことのなかったフィレンツェ
とくに綺麗とも美しいとも思えなかった。
しかし、実際に街並みを歩き、川のほとりで、夕日で川面に反射する景色を眺めるていると、この風景が体に染み渡ってくるようだ。「美しい風景」、心の底から思った一瞬だった。

そしてDuomoの圧倒的な存在

Duomo,カテドラル、いろいろな街で見てきたが、この街のDuomoにはまいった。
いくら写真や絵葉書で見ても、あの存在力は伝える事ができないと思う。

これが旅の醍醐味なのだろう
ということで、Duomoの写真はあえてUPしない。

ウフィツィ美術館の横には、OPENスペースに彫刻が展示されてある。
これがまた周りの風景と合い重なり、独特の雰囲気を作り出している。

c0074657_794523.jpg

中学か高校の美術の本に載っていたものだ! 

んんっ? とその横にへんな物体が?
c0074657_7104845.jpg

イギリス人、やってくれてました…
これも旅の醍醐味なのだろう
[PR]
by esade | 2007-01-08 07:12 | LIFE

ナポリにて

ナポリは予想通り、治安の悪そうなCAOSの混沌とした街だった。

特に駅前では、カメルーンや他のアフリカからやってきた不法移民たちが偽物グッチ、偽物ヴィトンを並べて売っており、そのとなりで中国からきた1人っ子政策の波に飲まれ、戸籍に載ってないような黒孩子みたいのが雑貨を売っている。
その道をすり抜けようとすると、どこから盗んだのか最新型のデジタルカメラ、デジタルビデオ、携帯、そしてラップトップまでもが、手の上に乗せられて売られている。

自分の持ち物も盗まれないように、気を引き締める。。。

ナポリではカプリ島に行って、青い洞窟を見るわけでもなし、唯一の目的といっても良いくらいにピザを食べる為にナポリに来た。 ピザ、ピザ、ピザ

向かった先はPIZZERIA DAMIGHELE
c0074657_10254761.jpg

すでに到着したときは、群衆が店の前で蟻のようにたむろしている。
この街で行列はない、列などない。そんな律儀な人間はイギリスや日本や他の国へ行け。この街はCAOSがルールだ。
とはいっても、食べ物の恨みは恐ろしい。ということで、番号札をもらいます。

外で待つこと1時間45分。(こんなに待つのは恵比寿のキムカツで、2年前に食べて以来だ)

そしてでてきたピザはこちら
c0074657_10334461.jpg


この感動、プライスレス
[PR]
by esade | 2007-01-07 10:42 | LIFE

イタリアから

あけましておめでとうございます。(FELIZ ANO NUEVO)

やはりスペインに住んでるせいか、頭の中ではスペインとイタリアを比較してしまう今日この頃。
どうして旅人(日本人は)、スペインではなく、イタリアを選ぶか、なんとなく分かったような気がします。

おそらく10人に「イタリアとスペイン、どっちに行きたい?」と聞いたら8人はイタリア行きたい、と言い、2人だけがスペイン行きたいというでしょう。

ローマの遺跡やフィレンツェのDuomoなんかはいろんなHPにくさるほどあると思うので、今日フィレンツェで発見したこの車
c0074657_9201084.jpg

オート三輪!!
この車だけでなく、1日、5台くらい道を駆けていく所をみました。
また、うしろが2輪ではなく、前2輪の後輪が1つという逆オート3輪も見ました。

おそるべしイタリア

そして、旅は続く…
[PR]
by esade | 2007-01-04 09:22 | LIFE