ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Valueとは

CSRについて、いろいろ叩き込まれている毎日ですが、CSRという言葉が一人歩きしている今日、捉え方、意味合いがアメリカとヨーロッパでは温度差があるようです。

会社のHPを見れば一目瞭然ですが、アメリカでは、”カトリーナ台風で10000ドル寄付した、津波被害に20000ドル寄付した”とか、社会的コミットメントというよりフィランソロピーに限りなく近いことをメインで行っています。(で、それをHPで大々的にマーケティングツールに利用しています。)
逆にヨーロッパでそういうことをすると、「マーケティング利用みえみえ、うわべだけの善意だ」と大半の人は思います。
で、アメリカではCSRがフィランソロピー的な意味合いを持っており、逆にヨーロッパでのCSR的な活動は(Social) IMPACTと言われているそうです。

ところで、今日はVALUEに関しての話がありました。 例えば、うちの学校ESADEはどういうVALUEを大切にしているかというと、TeamworkとかDiversityといったValueを大切にします。会社もそれぞれどういったValueを大切にしているか、HP等ででていると思うのでそれが自分の大切にしているValueと一致もしくは似ていないと、入社してから困ることになります。これから仕事探しする人は自分のしたい事も大切ですが、それと同じように会社の方向性、どういったValueを大切にしているか、もあわせて調べてほしいものです。

そんな中、The Insider という映画を授業の一環で見ました。この映画はPersonal, Professional, Organizational Value と3つの異なるValueにどういうPriorityをつけるか。会社が社会的に問題となる行動をしているのを知っていて、良心の呵責に悩むが、病気の子供の医療費のために会社と守秘義務を約束する。しかし本当にそれでいいのだろうか、やはりPUBLICに公表するべきではないか、正義と生活の保障の狭間で自分の持っているVALUEの優先順位が変わっていく過程を描いた映画でした。

個人として、プロフェッショナルとして、そして会社の社員として、時にVALUEが相反する時もあり、どちらかを犠牲にする、捨てなければならないときがあります。その優先順位を決めるのはとても苦しく、悩む過程であります。(日本では会社の社員としてのValueが高いのかな?)

が、ひとつサッカー選手の別な例を挙げておきます。
現在リーガ・エスパニョーラのビジャレアルでプレーしている元アルゼンチン代表、リケルメはつい2週間前にアルゼンチン代表から引退すると発表しました。結構、日本でも報道されたので知ってる方も多いと思います。
彼は別に怪我をしたわけでもなく、モティベーションが無くなったわけでもないのですが、代表引退した理由は「母親が大事だから」  詳しくは母親が病気がちで、自分が代表でプレーしてて、(負けたりして)批判がリケルメに当てられると、母親にいやがらせをしたり、生活に危険な状態が生まれるとのこと。それが元で、精神的にもまいっているとのこと。それで引退したそうだ。
ここでリケルメは先ほどのValueで測ると、 Personal Value(家族)とProfessional Value(アルゼンチン代表として試合する誇り、名誉)との間でどちらかを選択しなければなりませんでした。 先ほどのハリウッド映画では、その心揺れ動く模様を描いていたのですが、リケルメの場合、「選択は簡単だった」そうです。 彼のコメントによると、「代表と家族、もちろん僕は家族をとる。母親は僕にとって1人しかいないし、大切な家族だから」とのこと。(リケルメを映画にしたら、10分で終わってしまいそうです)

サッカー界ではヒデ、プロ野球では新庄が引退しましたが、いつまでもやめないで~と話している第3者が彼らに抱いていたVALUEと彼ら自身が持っていたサッカー、野球に対してのVALUEには違いがあったと思います。もしくは、いくつかあるVALUEの優先順位が違っているはずです。

今後の人生においても、そういった転換期が必ず訪れるはずなので、何に優先順位をおくか、妥協できないValueをベースに進んでいくしかありません。

あなたが妥協できないValueは。。。?
[PR]
by esade | 2006-09-29 06:17 | Escuela [学校]

2年目スタート

月曜日は休日だったので、火曜日からMBA2年目がスタートしました。

長い間、だらだらした生活を送り、見も心もスペイン人になるところだったので、気を引き締めていかなければなりません。

今週はリハビリもかねて、Corporate Citizenshipという授業を金曜まで続けます。

Corporate Citizenshipというタイトルですが、要はCSR(Corporate Social Responsibility)を題材にいろいろDiscussionするものです。

CSRはESADEがやけに力を入れている分野で、1年目にもGiopoliticsの科目やEnvironmentというクラスで取り上げたのですが、2年目のスタートもCSRからはじまります。

今回からは我々18ヶ月コースの学生だけでなく、12ヶ月コースの学生、ExchangeでEsadeに来た学生を交えてのクラスなので、新しい発言、新しい意見も聞けて新鮮です。(もちろん自分も発言して貢献しなければ。。。)

CSRはCorporate Governanceにも通じる概念ですが、CSRという名前がトレンドにもなっている状況で、そのあり方を間違ってとらえている人も多いとのこと。(CSRはマーケティングではない!)

ということで、金曜までいろんな文献を読まなければなりません。
(けど、夜はChampions Leagueを見なければ。。。)
[PR]
by esade | 2006-09-27 03:42 | Escuela [学校]

ヘレスでのある光景

そういえば、アンダルシア旅行をした際、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラに行き、ヘレス(シェリー)ボデガにいきました。週末ということで、ほとんどのボデガ(ワイナリー)は閉まっていたのですが、かの有名なTIOPEPEを製造しているゴンザレスビアスがやっていたので、そこを見学。

列車みたいな乗り物に乗って見学するのですが、そこには壁一面にここを訪れた署名人の写真が飾られており、歴史の古さ、この工場の偉大さがわかります。

とはいっても、ほとんどはスペインの有名人やスペインの政治家、皇族関係で私にはサパーリわかりませんでした。(まあ、すごい人たちなんだろうなぁ、というのはなんとなくわかった)
その中で、ピカソだけは分かりました。
c0074657_7422213.jpg

で、トイレに行こうと思ってふら~っと写真をみてると、なんかアジア人ぽい写真をハケン。
だれだろ、と思ったら、
c0074657_7432811.jpg

NARUHITO! (苗字は? 日本? 日本徳仁??)
こんなところにも旅してたんですねぇ。

有名人になると、記念に木樽にサインを書くのですが、たくさんあった中で気になった1つ。
スペインでは今、スポーツ界NO1の人気を誇る、F1ドライバー、フェルナンド・アロンソ
彼も来てました。で、彼のメッセージ
c0074657_7475772.jpg

”Aunque no sea un entendido, un honor el hacer la visita"
(超訳:オラにはサパーリ、ワイン作りなんてわかんねぇ~けど、ここに来れて光栄だ)

と、えせワイン通としてだらだら述べるより、ここまで言い切ってしまう彼はGJです。
たぶん、ヘレスとかも飲まないんだろうなぁ。(表彰台でシャンペンだけ飲むんだろう)
[PR]
by esade | 2006-09-25 23:55 | LIFE

Wall Street Journal

Wall Street journalの記事によると ESADEがInternationalランキングで1位になったそうだ。 

どこまで信用できるものかわからないが、名前が出てこないよりはましだろう。

1年前にも書いたが、ランキングなんて水物だし、これだけに左右されて学校を決めるのは危険だ。これから学校選びをする人はぜひ、いろいろ調べた上で選択して欲しい。

いろんな媒体がランキングをつけている、学校のほうもそれをマーケティングツールに使う。
今後、ESADEもランキング1位!って宣伝するだろうし、隣のIESEは去年、Economistのランキングで1位だったから、ランキング1位!って宣伝してるだろうし、どこの学校も自分の学校が上位にランクされているものだけを誇張して表示するだろう。

まるで、日本のハリウッド映画の宣伝で、全米No1獲得!って宣伝するのと同じである。

名前が知られるのはいいことではあると思うが、ランキングだけで決断しないでほしい、とアプリカントの人たちには言っておきたい。(この学校だけでなく、全ての学校において。。。)
[PR]
by esade | 2006-09-22 05:47 | ESADE in RANKINGS

yoshida brothers

数日前、バルセロナで吉田兄弟(yoshidabrothers.com)がコンサートを行った。
c0074657_543644.jpg

(ぼやけている写真でスマソ)
津軽三味線の奏でる音楽が、はたしてヨーロッパで通用するのか? まだまだ疑問ではあるが、果てし無い挑戦、がんばってほしいものである。
彼らは北海道生まれで、同じ道産子だ。北の大地で育った魂で思う存分発揮してほしい。

せっかくスペインに来たのだから、スパニッシュギターとかフラメンコミュージックとのコラボレーションをしてほしかったのだが、それはマドリーで行うらしい。
 さすが、バルセロナ、カタルーニャ。フラメンコとは疎遠の街です。

あと、はじめに挨拶するときに、スペイン語ではなく、カタラン語で無理やり言わされていた。スペインに来たんだから、スペイン語で挨拶すれば。。。と思ったんだが、横槍が入ったのだろう。

彼らは初ヨーロッパのコンサート、どう感じたんだろう。最初にアメリカや他のアジアに行ったときとの温度差を感じたのだろうか。
[PR]
by esade | 2006-09-21 23:23 | バルセロナLIFE

バルセロナに戻る(の巻)

モロッコとアンダルシア地方を旅行していて、約一ヶ月ぶりにバルセロナに戻ってきた

ヨーロッパ(特にスペイン)では1ヶ月のバケーションはよくあることではあるが、こんなに長い間、旅行でふらふらしたことはなかった。あっても3週間くらいが最高であった(と思う)

いろいろ思ったこと、考えたことがあった。
結構お金を使ってしまったが、お金はこうやって使うもんだなぁと思ったし、行ってよかった。
本当に良かった!



働き始めたら、1ヶ月のバケーションなんて、この先死ぬまで取れないだろう。(老後は除く)



旅先でいろんな人に会ったし、いろんな話が聞けた。
いろんな文化に接し、街を歩き、匂い、空気をすってきた。


ひとつ大きくメンタリティが変わったことがある。

今まで、スペインはInefficientな国だと思っていた。(実際そうだけど)
それに対して文句を言ったり、不満を抱いていたこともある。
しかし、モロッコの旅行後、スペインについて思ったことは
”スペインってなんてEfficientなんだろう”

同じスペインでも比べる国によって全く違う印象をもってしまいます。
Inefficientと思っていた時は日本と比べ、Efficientと思ったときはモロッコと比べていた。

また日常生活に戻ると、Convenientな日本といろいろ比べることになるだろうけど、
モロッコの不便さを胸に秘め、”あれよりはマシか。。。”と思うようにすると心にも余裕がでるはずだ。(モロッコの文化には敬意を表していますよ)

リセットして、またバルセロナ生活をはじめます。

c0074657_023591.jpg

グラナダ・アルハンブラ宮殿にて
[PR]
by esade | 2006-09-19 00:24 | LIFE

コルドバ、グラナダ

セビージャに滞在している利点として、アンダルシアの有名箇所に日帰りでもいけるところだ。
(数日滞在するとまた楽しみが増えると思うのだが、予算の関係もあるので。。。)

今回、ヘレス(シェリー)で有名なヘレス・デ・ラ・フロンテーラ、コルドバ、グラナダとそれぞれ日帰りで行って来た。
ヘレスではボデガ(ヘレスワイナリー工場)を見学し、ヘレスを堪能し、コルドバはかのメスキータを見た後、ユダヤ人街を散策、そしてグラナダではアルハンブラ宮殿をみてきた。

世界遺産に登録されている建物、町並みが数多くあるアンダルシアであるが、これらの街はとても興味深かった。個人的にはコルドバが最高であった。
c0074657_752542.jpg

メスキータは写真でみるとたいしたことないのだが、行って現物をみると言葉を失ってしまう。
どんなに言葉を重ねても、ここの魅力を伝えきることは不可能である。
メスキータだけでなく、ユダヤ人通りの昔ながらの建物、モロッコのリヤド(Riad)をベースにしたようなレストランやペンション。今回は日帰りでしか行かなかったので、次回はペンションにでも宿泊して街を楽しみたいと思った。

魅力が一杯つまったアンダルシアの旅行である。
[PR]
by esade | 2006-09-18 07:54 | LIFE

本場のフラメンコ

セビージャでかれこれ数日過ごしているわけだが、たまたま素敵な出来事に出会った。

13日から1ヶ月ほど、セビージャではBienal De Flamencoという大きくて街にとっても重要なイベントが行われている(らしい)
わざわざこのイベントのためにセビージャに旅行にきたり、はるばる日本からも来る人がいる(らしい)
フラメンコのフの字も知らないけど、セビージャにせっかくきたから見てみたいと思った(らしい)

で、行ってきました。
c0074657_8404446.jpg


Teatro Lope de Vegaで行われた
“ANDALUCÍA, EL FLAMENCO Y LA HUMANIDAD”
Dirección: Mario Maya
というのを見ました。

始めて本場のフラメンコを見ましたが、感動しました。見てて鳥肌がたちました。
よく日本の女性で、フラメンコにはまってしまった人、とかいますがその気持ちがわかったような気がします。
詳細は機会があれば後ほど述べますが、バルセロナでは味わえない、本当にアンダルシアに来てよかった~、と思った瞬間でした。  OLE~!

バルセロナだけでスペイン満喫~、とか思っている人がいれば、アンダルシア旅行はお薦めします。本当のスペインが見れます。
[PR]
by esade | 2006-09-15 08:47 | LIFE

いざスペインへ

タンジェで1泊した後、フェリーでスペインに入国することに。
タンジェからはアルへシラス、またはタリファへ入るのが通例だ(マラガ行きなんかもあるようであるが。。。)
アルへシラスへは2時間30分、タリファへは45分。 (タリファからアルへシラスへ移動したい場合、無料バスがでているそう。約15分)

今回はタリファ行きに乗り、そこから普通のアンダルシアを拠点に営業しているバスに乗り、セビージャへ。
タリファの船着場をでて、公園横を歩くこと約10分。ガス・ステーションの後ろに長距離バス・ターミナルがあった。ターミナルに着いた瞬間にセビージャ行きのバスが。 ラッキーにも待ち時間なしでのれた。(あとからみたら、2時間ー3時間に1本の割合だったので、本当にラッキーだった)

セビージャまで3時間30分。途中、トイレ休憩も含め、食事がとれるように20分くらい休憩があった。その時に入ったバルを見て、
ぶら下がってるハモンたち
黄金の水(ビールね)を楽しんでいる輩

本当に安心した。やっと自由の地に戻ったんだ、と実感した瞬間だった。
そのときはユーロを5ユーロしか持ってなかったので、ボカディーヨ(サンドイッチ)を買うだけにとどめたが、セビージャに着いて、お金をおろして一番先に向かった所は。。
TAPAS BAR!
c0074657_7504572.jpg


バルセロナと比べても安いし、雰囲気が良い感じ(田舎っぽくて)。。。
アンダルシアでは、CRUZCAMPO っていうビールがメインです。
(バルセロナではDAMN)
味もDAMNより飲みやすく、おいしい感じ。。。

これから、アンダルシアを満喫したいと思う (アルコールもようやく飲めるし!)
[PR]
by esade | 2006-09-14 07:58 | LIFE

フェズ そして タンジェ へ

マラケシュに戻った後は、電車でフェズへ向かった。
ここは最大のスークがある場所、そしてこのスーク自体が(確か)世界遺産になっている場所である。
スーク自体はマラケシュにもあったので、特別驚くことはないが、雰囲気がちょっと違った。なんか不気味な感じがするのである。マラケシュほど観光地化されてないので、夜にスークを出かけたときは、誰一人観光客がいなく、全てローカルしかいなかった。ジロジロ見られながら、不穏なときを過ごした。(翌朝、再び出かけたときは、観光客も結構いた。フェズで、夜のスークは観光客が行くところではなさそうだ。。)

フェズからバスでアフリカ最南端の町、タンジェにいった。だんだんとスペインの文化が入り混じってきて一番、目に冴えてくるのは家の色である。
フェズ近辺では、いわゆる黄土色、赤黄土色っぽい壁がほとんどであるが、南へいくとスペインの文化がはいってきて、白い壁の家になってくる。スペインに近づいているんだ、と認識することができる。

ある意味、ほっとした。

そろそろタジンやケバブ、ケフタにも飽きてきたころだったので、文明的な食べ物を食べたかった。ピザなんか食べたいなー、と思ったのもこのころだ。

モロッコは歴史的にも文化的にも自然的にも素晴しいものを持っていて、世界中の人々を魅了する国だと思う。しかし、また行くか?といわれたら、もう行かないだろう。
お金が無いのはわかるのだが、物売りやらお金をせびる人々、写真を撮ろうとしただけで、チップをよこせ、とかなりウザク感じたし、ビールが自由に飲めないのはやはり体に毒だ。
これだけ堪能したのだから、次は別の国へ旅行しよう。

それはそうと、モロッコではFCバルセロナが大人気だ。街中の子供はもちろんのこと、砂漠近くのお店もないような小さな村、土漠の中の子供もホナウジーニョ、エトー、と書いてあるアンオフィシャルシャツを着ている。
c0074657_23432462.jpg


砂漠から帰る途中、事故にあっているオフロード車がいた。
みんなも運転は気をつけてね (はーと)
c0074657_23444289.jpg

[PR]
by esade | 2006-09-12 00:31 | LIFE