ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade


<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ちょっと凹んでます

ちょっと今までの中ではかなり大事件に遭遇してしまいまして、
ちょっとへこんでいます。

まだ頭の中で整理できてないので、もう少し時間が必要かもしれません。

なんのこっちゃ、と思われるかもしれませんが、もう少し待ってください。
[PR]
by esade | 2006-07-28 02:08 | LIFE

lastminute.es

以前、飛行機のチケットもとって、バルセロナを離れる時が決まった、みたいなエントリーしましたが、実はその後、トラブルに遭い、そのチケットが取れなくなってしまいました。

旅行会社の名前は、TerminalA.com という会社です。
ここで、お買い得のチケットをWEBで申し込んだところ、次の日、600ユーロ以上なので、パスポートとカード(Tarjeta)のコピーをFAXで送れ、とのこと。
で、クレジットカードをコピーして送るのも気持ち悪いし、カードってこちらのIDカードなのか、クレジットカードなのか再確認する上でも、質問のメールを送りました。
で、1日まっても返答ないので、仕方なくパスポートとクレジットカードのコピーをFAXしたら、翌日

すぐにFAX送ってこないから、キャンセルしました。 新たに予約してけれ。 とのメール。

人の質問にも答えずに、一方的にキャンセルするとはどういうことだ、終わってる会社だな。600ユーロ以上の申し込みにはFAXを送らなければいけない等の条件を最初から知らせとけ、とメールを打ち返しました。

ちなみにその後、他のサイトで同じルートを探すと300ユーロも高くなっており、半ばあきらめていたのですが、おととい深夜Lastminute.es でようやくお買い得なチケットを探しました。そして、昨日、夕方、電話がなり、「え~、住所の再確認です。OOOでよろしいですか?」と聞かれたので、そうだよ~。と答えて電話を切りました。
その後、2時間後にドアのブザーがなり、小荷物です。とのこと。
なんだろう、と思ったら、Lastminute.es からのエアチケットでした。

このスペインで、こんな素敵なサービスがあっていいのだろうか、と驚きでした。
*前もって確認の電話
*予約して1日以内でサービス完了
*FAX送ったりなんやら余計な事しなくていいこと。(Fax2枚送るのに250円くらいかかったし)

ということで、LASTMINUTE.ES > terminala.com
Lastminute.es は信頼できるしお勧めです。

ということで、8月16日に出発が確定しました~。
[PR]
by esade | 2006-07-26 21:02 | バルセロナLIFE

カラオケ IN BCN

毎週月曜日にカラオケをやっているBARがあるという情報があり、昨日行ってみました。

アメリカ人、スウェーデン人と一緒に行ってきたのですが、かなり面白かった~

こちらのカラオケは日本にあるボックスのようなものでもなく、東南アジアにあるおねーちゃんがもれなくついてくるカラオケバーでもありません。
写真じゃよくわからないけど、小ライブ会場、みたいな感じでもあり、いわゆるクラブ、タイプの場所です。

Pl.ReialにあるBARで、月曜日だけカラオケナイト、その他は普通のBARです。
カラオケの場所は、カバーチャージが6ユーロ(1ドリンク付)で、10時OPENです。

c0074657_19403989.jpg

c0074657_1945083.jpg


カラオケの仕方は、会場の後ろのほうに歌リストがあります。そこから選んで、紙に曲名、自分の名前を書き、DJに渡します。あとは順番を待つ。11時までに出さないと、込み合ってて歌えません。(経験談:11時20分くらいに出したら、閉店時間まで廻ってこなかった)
MCの女の子が途中自分で歌ったり、次に歌う人を呼んだりして、場を取り仕切ります。
何が圧倒的に違うかというと、自分の全く知らない人達200人くらいの前で歌うこと、他の人はかなりうまいけど自分は。。。自分が歌ったときは盛り上がるのだろうか? 
そういうプレッシャーの中で歌うのです。まあ、のど自慢大会みたいなものでしょうか。。。

曲リストも盛り上がれる曲ばかり選曲されています。BonJoviや、Guns’nRoses、AC/DC,Nirvana,Queen等々、私もU2を選んで待っていたのですが、1時30分のラストまで廻ってきませんでした。10時ちょうどにいって、紙をださないとだめみたいです。

12時を過ぎると、素人のカラオケでよくもこんなに。。。と思えないくらい異常な盛り上がりでした。出てくる人、出てくる人、もう常連なのでしょう、場慣れしてかなり歌もうまい。AC/DCを歌った人は異常にうまく、それを聞いてて高校、大学時代の思い出が走馬灯のように駆け巡りました。

一緒にいったアメリカ人は、アメリカのTypicalなカラオケナイトバーみたいだ、と、バルセロナのNightLifeで1位、2位を争うくらい面白かったとかなり満足して家路に着きました。
ここは歌わなくても一度必見の場所かもしれません。。
けど、次は歌わねば。。。
[PR]
by esade | 2006-07-25 20:05 | バルセロナLIFE

おみやげ

先週、野暮用で大阪に行ってたアメリカ人のクラスメートが、バルセロナに帰ってきて、おみやげあげるから、ということで、ご飯食べに行きました。

で、にやにや笑いながらもってきたお土産とは、
c0074657_145727.jpg

全く知りませんでしたが、JFAってこんなことでも儲けてるんですね。
弱日本代表チップス(うすしお)、勝ち負けの種(ピーナッツ入り)

さらに、カードが一枚ついていて、

More
[PR]
by esade | 2006-07-21 01:24 | OTHERS

着々と

バルセロナから離れるチケットを購入しました。

再来週にはマドリーにVisaを取りに行きます。

んー、だんだん寂しい気持ちになります。。まっ、4ヶ月後はまた戻ってくるんで。

+++++++++++++

ということで、火曜日は恒例のビーチサッカーに参加

バルセロネータで8時半から。(私は遅刻で9時から)
行ったら、既に白熱したゲームが。

どこから来たのか、イタリア人の女性がキーパーやってて、彼女がものすごかった。
恐れることなく、砂が顔にかかろうが、ボールをキャッチすることに集中していた。
ブッフォンか?と勘違いしそうなくらい、すごい女性であった。同じチームでよかった。
結局、10時半くらいまで休みなしで行った。かなり面白かったので、来週も参加しよう。

あー、バルセロナから離れるのか~
[PR]
by esade | 2006-07-19 22:11 | バルセロナLIFE

イスラエルのレバノン攻撃

日本でどのくらい報道されているかわかりませんが、ヨーロッパでは、イスラエルの攻撃を大々的に報道されているし、Financial Timesでも一面TOPで報道されています。

今までの私だったら、「あ、またかよ。アメリカも深入りしたくないだろうし、勝手に殺し合いしとけばいいじゃん。どうせ、聞く耳持たず、だし」

と思っていました。

しかし、今回はちょっと違います。なぜなら、クラスメートにレバノン出身の女性がいるからです。
今までレバノンなんてどこにあるかも知らなかったし、全く興味がなかったのですが、約一年間、一緒に勉強してきた仲間なので、それなりに親近感というか、最低限、レバノンという言葉を聞くと意識してしまいます。

今は夏休み中なので、彼女の姿をみませんが、自分の国に爆弾が落とされて、街が破壊されたらどんな気持ちなんだろう。どちらが良い、悪いは別にして感情的になってしまっても仕方ないのかな。と思った。

と同時に北朝鮮のミサイルが海上じゃなくて間違って、島根とか、新潟とか佐渡島辺りに落ちたら、(別に東京とかソウルでもいいんですけど)、どうなるんだろう。たしか1つのミサイルは失敗したとか言ってたから、落とそうと思っていたところに落ちないってことですよね。
韓国人は150%の確率で全員感情的になるだろうし、日本人だって、95%は感情的になってしまうと思う。残り5%は、軍隊持ってないし、どうすることもできない、とかなり冷静な人達。

そんな時、韓国はかなり気合の入っている軍隊持っているし、いつでも対処できるんだろうけど、日本はアメリカ軍にお願いしなければならないんだよね。 日本に軍隊ができるまでは、どう考えてもアメリカに頭が上がりません。

レバノン攻撃のNews,映像をみて、改めて軍事力の必要性を感じた。
c0074657_18465233.jpg

[PR]
by esade | 2006-07-18 18:47 | OTHERS

ひさびさの更新

最近、バルセロナは暑すぎで何もかもやる気がでません。
更新も滞りぎみです。 夏バテなのか?

諸事情により数週間、草サッカーに参加できなかったのですが、ビールの飲みすぎか、腹廻りが重くなってきたような感じがしてきたので、今日、ひさしぶりに参加。

くそ暑い中でのサッカー、それでも楽しめた。体を動かすことは本当に良い。自分が休んでいる間にかなり新しいメンバーも入り、名前を覚えるのも一苦労だが、ボールを蹴っているとそんなことはどうでもよい。やはり、サッカーは国、年齢を超えて一つになる言語だと思った。

体を動かすことは私にとって、MUSTアイテムなので、火曜日のビーチサッカーも参加することにした。9PMくらいからスタートするらしいので、直射日光は浴びなくていいだろう。これも楽しみだ。
[PR]
by esade | 2006-07-17 07:11 | バルセロナLIFE

Exchange Program

ESADEにも、他の学校と同じくExchange Programがあり、世界各地へ交換留学することができます。学校柄、南米の学校とのExchangeも多いのが特徴です。

約40%ー50%の学生がExchange Programを活用し、約4ヶ月間、新しい場所で新しい体験ができます。

人気があるのが、中国(上海)、チリ。その他、アメリカです。

ヨーロッパでアジアというと、中国をさし、日本の話は全くでないのが実情です。(中国の次はインドの話がでます。日本のプレゼンスはほとんどありません)

南米もなかなか住む機会がないので、これを良い機会と思い行く人が多いです。授業もスペイン語なので、スペイン語の訓練になるとのこと。

アメリカもシカゴ、NYU,UCLA等有名どころが人気のようです。

もちろん、交換留学なので、他の学校からESADEに来る人も多いです。やはり一度、バルセロナに住んでみたい、と思っている人が世界中からやってきます。

More
[PR]
by esade | 2006-07-12 21:11 | ESADEについて

世界との差

2006年のW杯が終わってしまいました。
しばらくは、ゆっくりと時間が流れることでしょう。

日本代表関連でいえば、紙面上、NET上でよく言われていたことは、世界との差、です。

けど、世界との差っていったいなんでしょう?
世界ってどこ?ブラジル?イタリア?フランス?
負けちゃったオーストラリアは世界の一つ?

世界との差ってよくわかりませんが、昨日の決勝を見て、将来日本代表が決勝の舞台に立つのはサグラダ・ファミリアが完成する前はありえないなぁと思いながら、どうすればこういうレベルまで到達できるんだろうと考えました。

ヒデも、日本人選手は技術もあるし、スピードもある。と話していました。
経験が足りなかったとか言われていますが、なんとなくあいまいな気がします。

私が答えとして思ったことは、

「厳しいプレッシャーの中で同じプレーができるかどうか」

の1点である。

More
[PR]
by esade | 2006-07-11 01:56 | LIFE

aniversario de boda

昨日は結婚記念日だったので、少々奮発しておいしそうなレストランにいきました。
おいしそう、というのは、友人から薦められたわけでもなく、ガイドブックにも載ってないお店に行こうと思ったからです。

いくつか調べたら、そんなに格式の高くない(気軽に入れる)、それでいて、クオリティの高い料理を出してくれるお店をハケーン。 それも徒歩圏内で行けるところにありました。

グラシア地区にある、SHOJIRO、 Catalan FoodとJapanese FoodのFusion料理です。

c0074657_9334090.jpg

白アスパラにハーブソースをかけ、海老と野菜のてんぷら風つけあわせです。

何がうれしいかって、ここはコース料理のみですが、一皿一皿、どのような料理か説明してくれます。(上の料理だけスペイン語で説明してくれたので、イマイチ意味わかりませんでしたが、他の料理は日本語と英語で説明してくれました) 日本人の女性の方がフロアーを管理しているので、バルセロナでは考えられないような丁寧なサービスでした。

あと、細かいところにこのお店のよさがでています。私がレストランの良し悪しを考える際、トイレを見ます。サービスの良し悪しはこういう場所に反映されると思います。ここのトイレはとても奇麗にされていて、申し分ありませんでした。また、洗面台には使い捨て歯ブラシも置いてあり、たとえばニンニク料理なんかを食べた後は、ここですぐ歯を磨くことができます。これには驚きました。

もちろん料理も牛肉のたたき、海老のタパスなのにあんかけソースをかけたり、オリーブオイルがたまにキツ過ぎるスペイン料理をうまく和テイストにアレンジして、Heavyな感じが全くしませんでした。もちろん、和食ではないので、カタランフードを堪能できます。本当の意味でのFusion Foodを堪能することができました。 (レストランによっては、Fusion Foodとただのごちゃまぜ料理を勘違いしているところもあるので。。。)

More
[PR]
by esade | 2006-07-08 10:01 | LIFE