ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade


<   2006年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

セグウェイが...

数年前に、世紀の発明品「Segway(セグウェイ)」通称「Ginger(ジンジャー)」が報道されましたが、日本では道路交通法違反になるとか、なんとかこんとか、いって規制ばかりが騒がれていた記憶がありますが、バルセロナで昨日、発見しました。
c0074657_16163853.jpg

c0074657_16165732.jpg


ゴシックエリアにある、カテドラル周辺です。カテドラル周辺は結構広いので、これにのってゆったり散策するのもツウですね。

日本でも、普通の道路がだめなら、大規模施設でこれを利用すればおもしろいと思うのですが。んーん、例えばDisneyLandとか、旭山動物園とか、登別くま牧場とか。。。。

え、いらないですか? そうですか。
[PR]
by esade | 2006-06-28 16:27 | バルセロナLIFE

Intensive Spanish

23日、金曜日で3週間行われた、 Intensive Spanishが終了しました。

今まで、他の教科(いわゆる普通のMBAのクラス)で忙しく、正直気合を入れて勉強できませんでしたが、この集中授業は結構勉強できました。

そして、楽しかったです。

今までうる覚えだった、過去形や現在完了形も、もう一度復習し、なんとか自分のものにしました。

あとは日々、練習と、単語を覚えることが必要です。

以前にも書きましたが、ESADEを卒業するときにある程度のレベルをクリアしなければ卒業できません。実は一人、韓国人の学生がスペイン語の授業についていけず、今回のIntensiveコースもスキップしました。今後、彼がどのようにしてスペイン語のレベルを上げていくのかよくわかりませんが、少し心配です。

いずれにしても、毎日少しづつでも、スペイン語の勉強は続けていかねば。。。
[PR]
by esade | 2006-06-25 21:51 | Escuela [学校]

Order online - collect in store

本当はFootballのことを書きたいんだけど、試合終了後のヒデの姿を見てたら、タイプしなければならない手が目頭を抑えることになってしまうので、面白い記事をFTから見つけました。

Hybrid Retail The New Profit Pick-me-up.
c0074657_1464494.jpg

要約すると、アメリカのCircuit Cityという、ヨドバシカメラみたいなお店で、Online注文した品物を配送するのではなく、客がお店まで取りにくるビジネスモデルが飛躍的にUPしてるという話。
実にオンラインショッピングの内、62%は店までPICKUPしにくるそうだ。10人Online注文したら6人は店までくることにある。
もともとOnlineショッピングは、わざわざ店までいかなくてもよい、家で待っていれば品物が届く、という利便性のもと利用されてきたものだけど、実際の消費者の行動は、考えてみたものと大きく違っていた。エレクトロニクス・リテールだけでなく、アウトドアリテールや、WalMart, JCPennyなんかもこの、Online Order, Collect In‐storeの割合が増えているようだ。

このモデルが人気なのはいろいろな理由(送料を払いたくない、店内をうろつく前に直ぐに商品が欲しい等)があるかもしれないが、果たしてこのモデルが日本で通用するだろうか?

答えはわからないが、おそらくNOじゃないかと思う。長くなるとまたW杯の試合観戦に支障をおこすので、一番の理由を書いておこう。

日本のロジスティックスの優れと、サービスの優れ。

日本のロジスティックはとても正確で、しかも速い。オンラインで注文しても2日で着きます。と書いていると遅れることは決してない。昼くらいに東京で荷物を送っても次の日には福岡に到着している。それもエンドユーザーにだ。(夜中にトラック野郎(古い?)が遠く福岡まで運転してくれているおかげだ)
まあ、こういう正確さは他のロジスティック会社も行っていて、DHLやFEDEXなんかも同様に正確だ。速いという点は日本は小さいので、これはアメリカと比較するわけにはいかない。

強調しておきたいのは、サービスだ。特に時間指定。比較することすら憚れるが、スペインで12時に来るよ、といって12時に来たためしがない。1時2時はあたりまえ、何の連絡もなく来なかったときもあった。もしくは逆に10時くらいに来てしまい、自分は外出先であったりして、もう一回来てよ、といっても、次があるからだめだ。来週月曜のスロットに入れておく、と逆に指定されたりする。
その点、日本は9時ー12時、12時ー15時、15-19時、19時以降みたいに細分化されていて、ほとんどその時間帯に来る(ペリOO便が来なかったこともあったけど) あと特筆するべき点は郵便局だ。首都圏だけかもしれないが、メインのいわゆる本局という場所にいくと、24時間引き取ることができる。
仕事が終わり、夜10時11時に帰宅した時にポストに不在者通知が入ってて、その足で目黒郵便局に行くと、12時近くなのに10-15人くらい列を作っていることがよくあった。いずれにしても欲しいものがすぐ手元に届くのはうれしかった。
民間の配送会社も、土曜、日曜、関係なく配送してくれるので、これもうれしいことだ。

これが外資のDHL(ドイチェポスト傘下)だと、日本でも日曜は休み。土曜日は午前中だけ。平日も夜6-7時くらいで終わりで、深夜配送なんてありえない。一度、DHLで何かの商品が送られてきたことがあり、7時に帰ることなんて不可能だったし、結局一週間待った記憶がある。

用は品物・サービスが手元に届くまでに正確な情報と安心感を与えてくれていると、待っている時間をロスタイムと思わなくていいし、家で配送を待っている時間も有効に使える。(例えば午前配送を頼んでおいて、午後の予定をあらかじめ入れておくこともできる)

という理由において、日本ではこのサービスは普及しないと思うんだがいかがだろうか。

あとは実際、店内で吟味して、競合商品と見比べ、触って、値段を比較して、わずかなキズもついていないかチェックして、買うんじゃないかな。

いくら触って試すといっても、電気屋においてある、シェーバーでいきなりヒゲを剃り始めてしまう人も嫌ですが。。。
[PR]
by esade | 2006-06-24 02:50 | business

Diego Maradona!

Spain国内でWorldCupのスペイン戦を今まで2試合放送したのですが、なんとなんと、われらが神、(決してZICOは神ではありません) Diego Maradonaが、解説として参加しています。
前園までもが、ゲーム以上に見たがっているマラドーナは解説として参加しただけでも、やはり、絵になります。

で、スペインのTVで、チュニジア戦後、セスクと応対しているマラドーナの肉声と(ちょっとやせた)姿もみれます。(いつまで見れるかわかりませんが。。。)

Maradona elogia a Cesc
http://www.cuatro.com/multimedia/video.html?xref=20060620ctoultnot_1.Ves&view=baja


このマラドン、ですが母国アルゼンチン戦ではもちろんスタジアムで応援。
c0074657_0592560.jpg

やはり、絵になります。

なにがすごいって、アルゼンチンはADIDASが公式スポンサーになってて、ユニフォームもADIDASなのですが、マラドンが着ているユニは86年版(メヒコ大会)で、ユニフォームにもしっかり、ルコックのマークが胸で光っています。

何度も何度もTVカメラで抜かれているので、さぞかしルコックもうれしいでしょう。
スポンサー料、1ユーロも払ってないのに、世界数十億人の人があのルコックのマークを目にするからね。
[PR]
by esade | 2006-06-21 21:50 | サッカー

ZICOって

ZICOのクロアチア戦後のコメント

QUOTATION

 午後3時開始という、すごく暑い中で2試合を行った。3時開始……世界が止まるような太陽の下、みんなが注目する中で試合をした。にもかかわらず、こんなに素晴らしい試合を見せることができてうれしく思う。サッカーはビジネスになった。選手は犠牲を払う部分もある。2回も3時の試合をしなければならなかった。30度という暑さの中での試合だった。選手は暑さにやられる部分があった。いくら体調を整えていても、やはりこれだけの暑さの中では選手は失敗する部分がある。この大会を目指して戦ってきたが、選手が100パーセント守られているわけではない。

QUOTATION

ZICO, 電通批判 はじめました。

ZICO自体終わってるけど、確かにサッカー周辺は考えなければなりません。

試合終了後、決まってNEWSになるのは、XX戦、視聴率OO%。
それにより、TV局の喜怒哀楽が決まる。
今回2試合も3PMにしたのは、日本での視聴率のため。 ジャパンコンソーシアムとして、何百億円も投資しているので、TV局も視聴率が気になります。
全部、裏でコントロールしてるのは、日本では電通。

実は今回は運も見放していました。
韓国も3PMから試合開始を13日にしましたが、その時はフランクフルトのスタジアムで、スタジアム全体にカバーがかけられた。それにより、直射日光をさけることができた。
日本は、カイザースラウテンといい、ニュルンベルグといい、スタジアム全体をカバーする施設がなかった。 これは残念なことでした。

いまさら何言ってもしょうがないので、最後9PM試合開始なので、ZICOの論理上、暑くないので選手もミスをしないし、点も取ってくれるのでしょう。それも2点差をつけて。。。ふぅ
[PR]
by esade | 2006-06-19 06:39 | サッカー

ケルンのお店

ケルンでGlobeTrotterというお店にいきました。
アウトドアのお店ですが、かなりイケテマス。
c0074657_822248.jpg

店内ですが、楕円形の形のビルで、4階建てくらいだったと思います。一番下の階にはなんとプールがあります。
いくつか写真とったのですが、HPにいいのがあるので、それを参照。
http://www.globetrotter.de/de/filialen/koeln/bilder.php

ここのコンセプトは「なんでも試す」
服を試着するのは、あたりまえですが、じゃ、寒さをしのぐウインドブレーカーの精度はどうなんだろう、防水って書いてるけど、ほんとうか?、カヤックを買いたいけど、漕ぎ具合はどうだろう。
テント買いたいけど、組み立ては簡単か?トレッキングシューズ買うんだけど、石ぼこのところでの履き具合は。。。

すべてトライすることができます。
HPをみてもわかるように、レインコートを着て、大雨の中を疑似体験できます。これでレインコートの性能を試すことができます。もちろん、レインコートを着ないで中にはいることもできます。(お笑い番組のおち、みたいですが)
私は、氷点下20度の部屋にTシャツで入ってみました。
氷でできた椅子に座り、しばらくは気持ちよかったのですが、3-4分くらいからだんだん寒くなってきました。(当たり前ですが。。。)

東急ハンズでもテンピュ-ルの試し寝、みたいのをやってた記憶がありますが、ここのお店はスケールが違います。かなりオサレなデザインだし、エンターテイメント性が抜群でした。
スペインには、こんな場所はないな。さすが、ドイツみたいに進んでいる国は違うなあと感じてしまいました。

ケルンに行く機会があれば、ぜひ行ってみてください。細かいところに、消費者心理を擽るアイテムがたくさんあります。
[PR]
by esade | 2006-06-16 08:16 | OTHERS

Cologne

ドイツのケルンに滞在しました。

正直、ドイツって全く興味もなく、行きたいともおもったことがなく、W杯がなかったら自分から希望していく場所ではありませんでした。


しかし、しかし、


ケルンだけなのかどうかわかりませんが、なかなかいい場所ではありませんか!
食事もおいしいし、ビールもおいしいし。。。

ケルンの飛行場に降り立って最初に口にしたものです。
c0074657_1534643.jpg


ケルシュというこの地方の地ビールです。
上面発酵ですが、低温で熟成させるので、独特の味がします。
ドライというか、多少苦味も感じるのですが、それでいて、フルーティな感触を味わえます。
不思議なビールでした。 癖になるビールです。

More
[PR]
by esade | 2006-06-15 02:17 | LIFE

No Oliver No benji

私の周りは、オージーだらけでした。
c0074657_3213516.jpg

もう既に結果は周知なので、いまさらいうことはありませんが、一つ。

監督の質の差がでてしまいました。

そして、バルセロナに、悲痛なまま帰ってきました。

現地のレポートを一言すると、バルセロナの2倍くらい暑かった。
五分間、直射日光を浴びているだけで、本当に疲れるし、ストレスが感じられた。
Fieldは38度あったそうだ。それなのに、選手交代が遅すぎだし、後手後手にまわった。
3得点全て、途中交代のフレッシュな選手達だ。へとへとになったDFが入れられた。

98年のクロアチア戦と全く同じだし、何も教訓が生かされていない。
前から、Zicoに対しては否定だったし、そのようなコメントも書いてきた。
ただ、強運なのか、アジアでも優勝し、成績としてはそれなりの結果をなぜか出してきた。

よく日本がヨーロッパや南米の国々に言われるのは、日本は経験がまだないから。
今回は、選手の経験ではなく、監督の経験の差がそのまま答えになってしまった。
監督経験のない、選手としてだけはスーパースターだったZicoを代表監督なんかにした
重いツケがまわってきてしまった。このW杯の本番で。 

今日、スペインに帰ってきてある新聞に載っていた記事タイトル
"No Oliver No benji en Japon"
これはキャプテン翼のスペイン語版のタイトルであり、Oliver - 翼、Benji - 若林である。
日本には、翼くんも若林君もいなかった。 あれはアニメの世界だけだったようだ。。。
そんな内容であった。

帰りは、集団疎開に行くような青い連中であった。
c0074657_4224180.jpg

[PR]
by esade | 2006-06-14 04:23 | サッカー

行ってきます

土曜日から、ドイツにいってきます。

なんだかんだいって、初 ドイツ なので、不安は    ありません。

金曜はクラスの仲間とパブでドイツーコスタリカ戦を観戦しました。
ドイツ人の彼は、喜んでいたものの、こんなDFで決勝トーナメントは戦えないと嘆いていました。

まったく同感です。

そう思うと、対日本戦をふりかえると、日本の攻撃すげー、とか思いましたが、ただ単に
ドイツのDFが超やばい だけなのかも。。 と思ってしまいました。
あと2戦でどれだけ修正できるんでしょうか、クリンスマン監督もFW出身だし、DFのシステムなんてわかるのかなぁ~

とりあえず、PCとかはもっていかないので、数日UPできないかもしれません。

そのかわり、ブルーサムライ、応援してきます!
[PR]
by esade | 2006-06-10 09:42 | サッカー

FC Barcelona Presentaion

金曜の夜7:30からESADEのAlumni Associationの主催で、FC Barcelonaのプレゼンテーションが行われました。 TopPageに記事が載っています

バルサからはSoriano副会長が来て、主に
1. 過去10年間のFootball Industryについて
2. 2002年以降のバルサの改革
3. 今後のバルサの課題

という内容でプレゼンが行われました。

しかし、


プレゼンはカタラン語でおこなわれました。orz...



しかし、

スライドが英語だったので、なんとか楽しめました。


プレゼン終了後、質疑応答があったのですが、カタランでの質疑だったので、会場からでてきてしまいました。 グローバライズしたい企業なり、サッカーチームなり、なんでもいいのですが、カタラン語ってグローバリゼーションに必要なんでしょうかね。
[PR]
by esade | 2006-06-09 23:28 | Escuela [学校]