ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Escuela [学校]( 76 )

ちょっと考えたことについて

今日、同級生と話していて、自分なりにショックを受けたことがありました。

例えば、あなたがP&GやUnileverのマーケティングマネージャーとします。
そして、粉ミルクが担当製品で、それもアフリカ大陸が担当地域です。

マーケティングマネジャーとして、何を考えますか?

1. 20億ドルの予算があるので、広告キャンペーンを大々的に打ちます。
2. TVCM,Radio,雑誌、そしてスーパーでプロモーションを行います。
3. その結果、40億ドルの売り上げ、会社はHappy, あなたもHappy.

けど、それってHappyなことなんでしょうか?

私企業が20億ドルも広告費にお金を費やしている一方、UNICEFやWorldBankの公的機関が、20億ドルのお金を費やし、母乳を飲ませるキャンペーンをしています。アフリカでは特に免疫力の強い体を作らないと、すぐ病気になってしまいます。子供のころから、母乳を通じそのような抗菌力、免疫力をつけなければいけません。粉ミルクにすると、そのような自然の力というか、人間が生まれ持ったものを子供に授けることができません。

私企業が粉ミルクの広告に20億ドル
WorldBankが母乳のキャンペーンに20億ドル

その私企業がCSRとして(マーケティングツールとして)
WorldBankに2億ドルの寄付

こんなことが、普通に行われています。

PepsiやCokeのターゲット年齢もだんだん下降しているとききます。
たとえば5歳-10歳がターゲットになったらどう思いますか?(実際は知りませんが)
体作りに一番大切な時期に、Cokeを飲むことが普通になり、糖分、カロリーを異常にとることになり、アメリカ人みたいに肥満の問題をもたらします。

あなたがCokeのマーケティングマネジャーなら、5-10歳をターゲットにしますか?

こんなことが、普通に行われています。

同級生と話していて、自分なりにショックを受けたことでした。
[PR]
by esade | 2006-04-28 23:14 | Escuela [学校]

今学期最初のテスト

先週、日本からわざわざキャンパスビジットに来られた方がいました。
普通、バルセロナにきたら、もう一つの学校(IESE)にいったり、他の学校(IE@MadridやBocconi@Milan)も廻るのが普通ですが、この方は仕事の関係で本当にESADEだけに来られたようです。本当にお疲れさまでした。w
観光もしてないようでしたが、バルセロナに来られた際は、観光もお勧めです。
これから最低2年弱は住む場所、学校だけでなく街の環境も学校選択に大事な要素だと思います。私は建築物とかデザインを見るのも好きなので、街を散策するのもEnjoyしています。

人それぞれ好みがあるので、良い悪いはありませんが、いわゆるアメリカのカレッジタウンは、大学が街になっていて、その中だけで全てが揃います。ダウンタウンに繰り出すとなると、車で数時間ドライブ。それが心地よい人もいるので、そういう生活を2年間過ごすのもいいかもしれません。

特に理由らしき理由になっていませんが、バルセロナは観光資源いっぱいです。
で、その方もこのサイトを見てらっしゃるそうなので、サッカーばかりではなく、学校のことも書かねばなりません。

今日、Corporate Financeでテストがありました。ん~、やはり苦手科目ですね。
ポートフォリオやCAPM,Cost Of CapitalがらみでMM理論とかその近辺のテストでした。
もう少し準備してから挑んでおいたほうがよかったです。
期末にもう一回テストがあるので、忘れないように復習しなければなりません。
あと、今学期からMIS(IT系)の授業があって、Accessを使ってDatabase絡みの宿題があったのですが、SQLとかって使わないと忘れるもんですね。楽勝かと思ったら、何気に大変でした。www
今週末までに4つのレポートを仕上げなければならなく、その上、今週はChampionsLeague準決勝の2nd LEGがあります。 かなり時間がありません。。。
[PR]
by esade | 2006-04-25 18:23 | Escuela [学校]

フットボールだけではありません

あまりにも、フットボールネタが多いので、フットボールしかやってないんじゃないか、ただのフットボール・バカか、と思われる人がいるかもしれません。
限りになく、それに近いかもしれませんが、一応、勉強もしています。
今まで、一教科を4時間とか3時間とか恐ろしいくらい長く受けていたのですが、今期は別です。
90分1コマの教科を数多く受けています。
例えば、
Corporate Finance
Managing Marketing from Global Headquarters
SPANISH
International Business and Corporate Law
Management Information Systems
Trade and Investment in the World Economy
Operations Strategy
などなど。

中でも、お気に入りは Managing Marketing from Global Headquarters で
ある企業が、他の国で営業活動するときの方法、カルチャーの違いをどうするか、みたいなEntry Strategyなんかもやります。
この前は、コカコーラのベルギーから、ベルギーで社会的問題をおこした時の体験話や、スペインならではですが、来週、MANGOのインターナショナル・フランチャイズ・ダイレクターみたいな人がくるようです。
(たぶん)スペインの学校では、Defaultで、INDITEX(ZARAの親会社)とMANGOのケースを行います。 INDITEXは直営で世界戦略を考えている会社、MANGOはフランチャイズで世界戦略を考えている会社。自社工場をもつのと、アウトソースするもの。すべて相反する会社なので、いいケースだと思います。(まあ、アパレルもの、は個人的に好きではありませんが)

また8時授業開始が多くて、個人的にかなり大変です。
今日も疲れた顔してるといわれましたが、早起きは3文の得、なんて言葉は私には無用です。
こればかりは、つらいです。

昨日のGiullyのスーペルゴールです。
http://www.youtube.com/watch?v=xkWWjcpPXYc
(また、サッカーかよ!)
[PR]
by esade | 2006-04-20 02:30 | Escuela [学校]

UEFA CSR

先日、私も所属しているSportsBusinessClubが主催となり、スイスからUEFAのCSR(Corporate Socail Responsibility)の担当者を呼び、プレゼンテーションを行った。

UEFAはUEFA ChampionsLeagueや、EURO2004、EURO2008といった、世界的イベントを主催するヨーロッパ・フットボール・アソシエーションだ。
その母体がCSR(Corporate Social Responsibility)を取り組むという、フットボールの与える影響をどのように社会的貢献に代えていくか。ちがった角度から、このアソシエーションを見ることができた。

プレゼンターの方は自分の仕事の50%はCSRに、残りをAnti-Racismや他のプロジェクトに費やしているという。

Anti-Racismに関しては、ここヨーロッパ、特にスペインとイタリアでは非常に問題になっている。最近でもバルサのエトーがサラゴサ戦で侮辱された問題があった
UEFAはNGO団体のFARE(Football Against Racism In Europe)と提携し、なんとかこの問題の重要性を唱えているが、各サッカー協会、とくにスペインやイタリアフットボール協会はあまり重要視してない、ということもはなしていた。

フットボールビジネスが台頭するなかで、Sales/Revenueばかりに目が向きがちだが、フットボールを通じてどのような社会的メッセージをどのように広めることができるか、今後重要な役割をはたさなければならない分野ではないだろうか。

<今日からイースター休暇(Semana Santa)です。数日、席をはずします。。。>
[PR]
by esade | 2006-04-08 21:52 | Escuela [学校]

今週の授業が多いことについて

今週からサマータイムになり、時差ぼけで大変でした。
新しい教科がはじまったのですが、今までは一科目3時間ー4時間というコースが多かったのですが、今期は90分授業がこまごまと入っています。教科も多数にわたり、以下のとおりです。

Corporate Finance  
Managing Marketing from Global Headquarters  
Trade and Investment in the World Economy   
Spanish
International Business and Corporate Law
Management Information Systems
Operations Strategy

こんなに多岐にわたる授業を一週間で行うのは初めてじゃないでしょうか。期末試験が恐ろしいです。www

8時からスタートする日が多くなり、サマータイムのせいで、7時くらいはまだ薄暗いので、気分的に冴えません。その上、9時まで明るいし。。。

それはそうと、今週から12ヶ月コースの新しい学生が入学しました。
確かではありませんが、32人が入学し、そのうち10名が女性とのことです。
秋からのElectiveでは彼らもわれわれと同じ授業を受けることになるので、新しくContributionしてくれる人がでてくるので嬉しい限りです。(まだ話していませんが。。。)
[PR]
by esade | 2006-03-30 23:14 | Escuela [学校]

Exam 終了

今週、一週間はChange Strategy Management の集中クラスがあり、毎日ケースを読んだり、グループワークがあったりちょっと大変でしたが、結構有意義なクラスでした。
おもに、M&Aする際の、した際の、注意事項であったり、SME(Small And Medium Size の会社)が他国にExpandする際のStrategyの立て方等々です。
悪い例としてDaimlerChryslerのケースをやったり、Aventis(今は既にSanofi-Aventis)をやったり、中小企業のいい例では、Denmarkのビール会社のケースをやりました。Denmarkのビールって飲んだ記憶がないのですが、おいしいんですかね?ケースによると9-10%のアルコールで、主にプレミアム市場で有名だそうです。(ということは、Competitorはベルギービールということですかね)

M&Aの際、一番やっかいなのはやはり企業カルチャーの違いだそうです。そして、それをうまくマネージできない、そのようなChange Strategyを持ってないのも失敗の原因だそうです。他にはKnowledge Sharingをうまくやってない等々。。。 せっかくシナジーを期待して合併したにもかかわらず、以前からこうやっていたからとか、このままでいい、みたいな態度でいるとまずいですし、例えば買収された方がよい技術をもっていたとしても、買収した側の技術でそのままいく、なんてことになると、なんの為に買収したのかサパーリわかりません。

例えば、イギリスの超コンサバな会社が、アメリカのそれもシリコンバレーの起業家精神バリバリの会社を買収したとします。もちろん社員もそれぞれの色に染まっています。シリコンバレー側の社員が買収されたからっといって、コンサバな会社に入って、それまで結構自由に仕事して、それなりの決定権も持っていた環境がいきなりがらっと変わってしまい、すべての決定権はイギリス本社に認めてもらわなければならない。それが認められるのには最低1ヶ月はかかる、みたいな風になったら、シリコンバレーから来たスタッフはMotivationも下がるし、仕事にもやる気がなくなりますよね。 そしてしばらくして、こんなところにはいたくない。。。。となります。その他にも、Changeが行われたときの人の行動のプロセスの変化(5段階)、ということもやりましたが、はぁ、確かにそうだよなぁ、とうなずくしかありませんでした。自分が過去に行ってきた行動ってまさにこんな感じだなぁと思いました。長くなるので、こちらの説明は省きますが。

確かに授業でやることは机上の論でしかありませんが、いろいろ心当たりのある事象を思い出しながら聞いていると、フムフムと考えさせられることが結構あり面白かったです。

More
[PR]
by esade | 2006-03-24 23:59 | Escuela [学校]

2nd Term終了

今日のOperation Managementの試験をもって、2nd Term終了です。
結構難しかったです。結果はどうなることやら。。。

あ、このまえのCorporate Finance、結果がきててお情けでPassさせてくれました。(うれしいやら悲しいやら。。。)

で、3rd TermにもCorporate Financeが。 あれ?とおもったら、今回のはIntroduction to Corporate Finance でした。 あれ?まだイントロかよ。

ということは3rdのCorporate Financeどうしよう。。。今から不安です。
ちなみに3rdは以下のような授業をうけることになります。

Corporate Finance
Global Strategy
International Business and Corporate Law
Management Information Systems
Managing Marketing from Global Headquarters
Operations Strategy
Strategy Implementation
Trade and Investment in the World Economy
Team Management
Negotiation Techniques
Coaching
[PR]
by esade | 2006-03-17 00:01 | Escuela [学校]

試験つづく

昨日のManaging People In Organizationのプレゼンもほどなく終了し、
今日のMarketingも終わりました。

Marketingのグループでは、昨夜、グループ内で言い争いが多少あり、私とポルトガル人の彼はどうしようかと、目を合わせるだけでした。。。

それはそうと、我々のグループはSnackがプロダクトだったのですが、プレゼン最後に以前Campus Visitの方に頼んで日本からわざわざ持ってきてくださったベビースターラーメンと日本のおかきMIXを混ぜて、新しいプロダクトとして紹介しました。 (ベビースターは大好きなお菓子で、本当は自分ひとりで食べたかったのですが、泣く泣くみんなに配布しました)

(Yさん、Sさん、日本から持ってきて頂いて本当に感謝しています。ありがとうございました。)

んー、なかなか好評でした。スペインに住んでいると、チョコとかクッキーとか甘いお菓子しかなく、甘い物が嫌いな私には、乾物物とか、ベビースターとかせんべいとか亀田製菓製品が食べたくなるのですが、こればっかりはしょうがないですね。

これで、残るは明日のOperations Managementです。
Poka-yoke やら、Kanbanやら、hyojyunkaやら覚えることがたくさんです。。。
[PR]
by esade | 2006-03-15 23:05 | Escuela [学校]

Corporate Finance

うーむ、

今日のCorporate Financeの試験はちょっとやばい気がします。

教科書を読んで、理解できたと思ったのですが、解ってたつもりだったんですね。
なんとなく、おもしろいなぁと思ってきたところだったのですが、これでまた苦手教科に逆戻りしそうです。。。
今すぐ復習したい気がするのですが、あした、あさってと続くプレゼンの準備と木曜のOperations Managementのテストがあるので、なかなかできません。

困ったものです。
[PR]
by esade | 2006-03-13 22:27 | Escuela [学校]

2ND TERM EXAMS

いよいよ2NDタームの試験がはじまりました。

しょっぱなは、今日のInternational Taxation 
まあ、テストのできは別としていろいろ勉強になりました。
どうして、あんな寒くてケチな国、オランダに多くの企業がHoldingCompanyを設立するのか、日本へInvestするのにどれだけNegativeな要素が多いのか、表面だけですが今まで知らなかったことが多かっただけに、有意義な授業でした。

来週は

Corporate Finance
Managing People (レポートおよびプレゼン)
Marketing (レポートおよびプレゼン)
Operation Management

と、今週末はシンドイです。
[PR]
by esade | 2006-03-10 23:44 | Escuela [学校]