ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Escuela [学校]( 76 )

Intensive Spanish

月曜はカタルーニャ地方だけ、休日でした。

ということで、今日、火曜日からIntensive Spanishがはじまります。

今までは別な授業が気になり、身に入りませんでしたが今日からはそんな言い訳できませぬ。

ちょっと気合を入れて授業に打ち込みたいと思います。(最初だけなのかなぁ~)
[PR]
by esade | 2006-06-06 15:53 | Escuela [学校]

1st Year 終了

今日で、1年目のコースが終了しました。

オラ!しか話せないまま8月にスペインに降り立ち、9月からの授業を受け、紆余曲折を乗り越えながら、1年目のコースが終了しました。今考えると、ほんとにあっという間でした。

今週は、最終週ということで、なんとEnglishセクションとSpanishセクションがごちゃまぜになり、それぞれグループをつくり、それぞれM&Aを試みる、という授業でした。
各グループに会社がアサインされ、今回は、菓子メーカーということで、Nestle,Kraft,Herseys、Mars,Wrigley,そしてスペインで忘れてはならない、chupachups等々、他の会社・部門をValuationして、買収を提示したり、売られたり。。ゲームではありますが、きちんとValuationしなければならなかったので、DCFやMultiplesで会社の現在価値を計りながら、他のグループに提示しました。我々はKraftだったので、チョコ部門を他の会社に売るというシナリオを描き、提案していきました。SpanishSectionから3人、EnglishSectionから3人のグループ構成で、スペイン語主体でMeetingしましたが、大事なところは、(私のことを思って)英語でしてくれました。
いつもとは全く別なグループ構成でとてもEnjoyできましたし、こういうDiversityを味わえるのもこの学校の長所だと思います。

今日で授業も終了し、インターンにいく人、Hometownに帰る人、そしてExchangeに行く人、長らく会わなくなる人がいます。特にExchangeに行く人は9月になってもバルセロナに戻ることはないので、来年の1月まで会うことがありません。

とはいっても、来週からスペイン語の集中コースがあるので、まだバルセロナに残るので、まだバルセロナをEnjoyしたいと思います。

c0074657_23335554.jpg

一区切りがつくと恒例の飲みが屋上で行われました。
(バルセロナのサンシャインを浴びながら。。。。)

Adios, amigos! Buena Suerte!
[PR]
by esade | 2006-06-02 23:37 | Escuela [学校]

MBATからかえってきました

先週、金曜日から日曜日までParisのHECで行われたMBAトーナメントから帰ってきました。
ずいぶん日が経ちましたが、今日、ようやく試験が終わったので、こうやって書く余裕ができました。

各ヨーロッパのMBAの学校が集まり、いろいろな体育(およびチェス)のCompetitionが行われました。HECはパリ郊外にあるMBAで、となりに2つ牧場があり、かなりのどかな場所です。
車がなければ生活できない場所なので、この3日間はトランスポーテーションが不便で大変な思いをしました。
Y-46氏に久しぶりに会えたことや他の学校の人とのコミュニケーションはまさに、このイベントの醍醐味でもあります。
私は、ハンドボールとサッカーをしましたが、時間があれば違うスポーツもしたかったのが本音です。ハンドボールはほぼ、初めてやりましたが、Eurosportチャンネルでやっていた試合を見てイメージトレーニングしたおかげで、かなり戦略的に動くことができました。
ただ、ハンドボールで対戦した、ロンドンにある某学校のアジア系の人間だけは許せませんでした。このゲームに命をかけているような、かなり下衆な言葉を敵チームに発し、態度自体に勘違いを覚える人間で、今後こんな人間がビジネスの場で生きていくのだろうかと疑問に思いました。アジア人としてもがっかりしました。 この学校の名誉のためにも付け加えておきますが、他の選手たちはとても紳士的で、好感のもてる学生たちでした。 われわれの学校にああいうのがいなくてよかったと思います。

さて、ハンドボール以外にサッカーもしました。UP最中の写真です。
c0074657_794296.jpg

これを着て、"学校の代表としての誇り、魂みたいなものは向こうに置いてきました

いよいよ我らが日本代表が戦います。6月は私も応援がんばります。
[PR]
by esade | 2006-06-01 07:14 | Escuela [学校]

3rd term Exam

一応、3RD TERMのEXAMが終了しました。
ただ、私は、前回のTerm,一つ落としたのがあるので
来週もテストを受けなければなりません(涙)  おもえば、再試とか追試とかこの年になって初めて受けるとおもいます。自分が、アフォーで情けなくなります。

今回の試験ですごい教科がありました。

International Marketing の教科だったのですが、
ケースが事前に渡されました。(一週間前)
そのケースはStarbucks In China という題材で、Chinaの所得割合とか、北京のForbidden Cityの中にスターバックスのショップを立てたことについて、とか、偽スターバックスを訴えた件とか、記載されています。
コーヒーはもともと大好きなので、シュルツ社長の本も数年前に読んでますし、タリーズの松田公太チーフバリスタの、すべては一杯のコーヒーから、とか本読んでましたし、Fair Tradeについても調べたことがあったし、ForbiddenCityにあったスターバックスも行ったことがあったので、自信がありました。

試験当日、問題が渡されました。

問題
「自分で5問、問題を作り、それぞれに自分の答えを書きなさい」 
(難しい問題、難しい回答に高得点、簡単な問題、簡単な回答には小得点をあげます)

だって。

こういうのは、初めてで、問題を作る側になったことないし、いざ急にといわれても難しかったです。途中、自分で問題をつくったにもかかわらず、頭をかかえ、ん~、わかんない。と悩んでいて、(そんなんだったら、違う問題にすればいいじゃん)と思ってしまった自分に泣き笑い状態でした。
前回みたいに、落としてなければいいなぁ~。
ということで、今日からパリに運動会にいってきます。
詳細はこちらで
[PR]
by esade | 2006-05-26 00:31 | Escuela [学校]

IT-Drivenな世の中で

前回、Tom Friedmanのプレゼンテーションで、
OurtSourcing, OffShoringが今後も増え続けていく、それも今までのような
コールセンターやソフトウェア開発だけではなく、高度なレベルの仕事までもオフショアされる
と話していたことを記録いたしましたが、それでも、西洋諸国にとどまることができるそうです。
8つの能力のうち1つでも持ち合わせていれば。。。

以下がその8つです。
1. Great Collaborator
2. Great Leverager
3. Great Synthecisor
4. Great Personalizer
5. Great Localizer
6. Anything Green
7. Great Explainer
8. Great Adapter.

More
[PR]
by esade | 2006-05-25 02:17 | Escuela [学校]

IT-Drivenな世の中ですが、あなたはどうしますか

授業で、Thomas Friedmanのことを話した。
彼は、The World is Flat: A Brief History of the Twenty-First Century を出し、MUST READものの書籍である。
IT-Drivenの世の中で、ますます世界はフラットになっていく。
そこでは、The Ten Forces That Flattened the Worldとタイトルし、10の影響力を説明している。
the rise of software and search engine standards such as Windows, Netscape, work-flow software, open-sourcing, outsourcing, off shoring, supply-chaining, in-sourcing, in-forming (e.g., research using Google and Yahoo!), and "the steroids" (digital, mobile, personal and virtual communications) 詳しくは書籍内で。

本なんて読んでる暇ないよー、という方には、MUSTなビデオがあります。ここで本の内容を説明しています

とくに、中国にアウトソースする、だの、インドにアウトソースだの、毎日のようにOutsourcingやOffShoringの記事を目にします。とくに、単純な作業から、(金融アナリストのような)より複雑な仕事までオフショアされてきているのが現実です。なので、例えば、MBAなんかとっても、それを有効利用できる仕事がどんどんアウトソースされているのが現状です。とすると、MBAをとってから

インドに行きますか?
中国に行きますか?
フィリピンにいきますか?
パキスタンに行きますか?

という選択をしなければならなくなります。
もしそういう場所で働きたくなく、西洋諸国で働き、住むためには、彼曰く、8つの仕事(8つのカテゴリー)しかないないそうです。

8つのカテゴリーとは何か、それはまた別の機会に説明します。
[PR]
by esade | 2006-05-21 06:10 | Escuela [学校]

International 飲みパーティー

金曜の夜、学校で、いろんな国がそれぞれの国の飲み物を持ち寄って、飲みパーティーを行いました。
秋には、食事メインの国対抗、Gastronomic Festivalがあるのですが、今回は飲みだけです。
日本は、日本酒と梅酒を持っていきましたが、どちらも個人的に好きではないので、日本の酒を紹介する時間より98%は、他国の酒を飲み続けていました。
c0074657_594317.jpg

c0074657_510141.jpg

c0074657_5101741.jpg


やはり、南米のお酒は、各国ユニークでいいですね。南米ばんざい!

ブラジルからは、カイピリーニャ、コスタリカは名前忘れた。メヒコは、おなじみテキーラにコロナ、スペインもがんばって、サングリアとアグアデバレンシアという飲み物をだしていました。
最悪はいつものことながらUSA。 最悪ビール、バドワイザーを出していました。
それと引き換え、最高だったのは、ペルーのピスコ。 たぶんさとうきびから作ったのであろう、ピスコという飲み物(アルコール40%)に、アイスキューブ、砂糖、レモン、そして、イチゴまたは、タマゴの白味部分、もしくは、ペルーのフルーツ(名前忘れた)をミキサーでミックスしてできあがり。フローズン・マルガリータのような、けどアルコール度異常に高めで、最高においしい飲み物でした。途中からペルーのカウンターでなぜか私が作っていました。
これを10杯くらい飲んだでしょうか。そして、みんなに、どうして赤いんだといわれまくりましたが、田舎もんだから、と答えておきました。
[PR]
by esade | 2006-05-20 23:25 | Escuela [学校]

Corporate Finance

月曜日は、Corporate Financeのプレゼンがあった。
どの学校でもやると思うのだが、グループである会社のデータを集計し、それらをもとに将来のSalesForecastや、現在の株価が妥当かどうか、要はそのあたりの金融機関のアナリストと呼ばれている人がやる事を疑似スタディするものである。
今年は製薬会社が選ばれ、われわれのグループはSanofi-Aventisが宛がわれた。他のグループはGSKとファイザー。 
どのグループも土曜、日曜をつぶし、グループワークに費やしたようだ。深夜2時まで行ったところもあった。 われわれも、日曜5時から延々とグループワークを行った。(11時には終わったが)5人中1人がプレゼンし、残り4人が質問に答えなければならなかったので、家に帰ってからも結局2時くらいまで、プレゼンすることになっても大丈夫なように自己錬した。
(本当は、日曜夜、とても行きたかった飲み会があったのだが、少し顔を出しただけで全く楽しめなかったのと同時に、私以外全て参加していたので、申し訳ない気持ちになった)

2つのグループが同じ会社の分析をするのだが、よくもここまで、というくらい出てきた数字が違った。リスクフリーレートくらいが同じで、その他、ベータ値やWACCも全然違っていたので、結構驚いた。要はどんなAssumptionを持つかにより、全て変わるわけだし、それはグループ事に話し合いの元決められるので、まあ、そんなもんかと半分納得できる。(ちなみにベータはBloombergからとってきたものをそのまま利用www)
資料としていくつかのブローカリサーチを読んだのだが、あるところはBUY推奨だし、違うところはSELL推奨だし、結構Assumptionもいろいろあって、何より、アナリストって、買え、とか、売れ、とか言っちゃいけないので、ある意味、自分の言った言葉に責任持ってないというか、持てないですよね。BUY推奨してから株価下がったって、別にどうってことないし、言葉が悪いけど、そういう仕事で何千万ももらうのってどうなのかなぁと思いますが、それ以外にたくさん大変なことがあると思うし、そんな簡単なものではないと思うので、あまり批判はしません。

なにはともあれ、プレゼンも無事終了で、その後、スペイン語のテストも行われた。
現在形まではなんとかついていってたが、過去形やら未来形やらでてきて、付いて行くのが必死ですww

来週までテストが続きます。辛い日々が待っています。。。
[PR]
by esade | 2006-05-16 08:28 | Escuela [学校]

授業が忙しい件について

最近、忙しくなりました。
Report提出、プレゼン準備、グループワーク、スペイン語、そして、朝8時からの授業。。。と、もしかしたら1ST TERMより忙しいかもしれません。 

よく考えたら、別なアクティビティも行っているからかもしれない。。。
日曜日にソフトボール大会があるので、その練習。
そして、今月末は、MBATがあるので、その練習。
一応、登録したのは、サッカー、バレーボール、ハンドボール、ビーチバレー、卓球
けど、体は1つしかないので、全ては参加できそうにありません。
夜の飲み会は参加しますよ。昼の飲みでもいいけど。
(おいしいスコッチウイスキーをイギリスから持ってきてくれることを祈りながら。。。)
[PR]
by esade | 2006-05-12 00:42 | Escuela [学校]

ランチについて

以前、学校の飯、まず杉。 なんて、書いたこともありましたし、値段とクオリティにとてつもない差があり、とんでもない状況でしたが、そういうことをMBAオフィスに文句いったところ、最近、少しだけ変わりました。(いい傾向です)

1.パック入りのサンドイッチを売り出した。(日本のコンビ二で売ってるような三角のサンドイッチが買えます)
2.ハンバーガー、ホットドックを売り出した。 
(ハンバーガーは、ハンブルゲサ、ホットドックはブティファラって呼んでいました)
3.普通のセットランチも安くなった(前は11ユーロ!!)

特に、ハンバーガーは2ユーロくらいで買えるので、今まで最低ランチで7-8ユーロもしていたのが、かなり向上しました。その場で焼いてくれるので、コストパフォーマンスからいって、OKです。

ただ、ここでもスペイン体質なのかどうなのかわかりませんが、

待ち時間、長杉!

あらかじめ焼いている時間に行くとすぐでるのですが、最初から焼き始め、のときに行くと、かなり待ちます。並ぶのが嫌いなので、2回くらいあきらめたことがあります。

もしここで食べる機会があれば、気長に待ちましょう。ここはスペインです。
[PR]
by esade | 2006-05-10 03:15 | Escuela [学校]