ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Escuela [学校]( 76 )

Report終了

ずっとまとわりつくように、日本にまで持ち帰っていたレポートがたった今終了。
ということで、ずっとこのサイトもUPできませんでした。

レポートを送った瞬間、一応、MBAの授業も全て終了です。
卒業式が13日にありますが、VISAを取らなくちゃいけないので、日本に帰国しているので、式には参加できません。

とりあえず、最後のレポートを仕上げ、疲れきっているのでまたUPしますね。

気分的に時差ぼけもまだ残ったままです。。。歳のせいですか。。。?
[PR]
by esade | 2007-04-05 00:50 | Escuela [学校]

あともう少し

今週は怒涛のプレゼンテーション3日連続+スペイン語のテストで時間に追われた週だった。

その中でもトルコにFDI(Foreign Direct Investment)をするというシナリオで、国を評価するプレゼンをしたのだが、トルコはいったことないしあまり興味もなかったので新鮮なことだらけだった。詳細は避けるが、自分だったら投資はしないだろう、と思った。
ただ、旅では一度いってみたいと思った。今年中にいければいいなぁ~

別なプレゼンでは日本を題材にした。これはlost in translationを使いながらいわゆる新しいカルチャーについてのプレゼン。うまくいったと思うし、このために映画も初めてみたのだが、面白かった。細かいところを結構ついているな、と感じた。

ということで、火曜日に最終テストがあり、レポート(これも結構困難)が2つ残っているが、あとはだいたい終了、というところまできた。

あともう少し
[PR]
by esade | 2007-03-16 17:05 | Escuela [学校]

Trendについて

今、スペインでは日本食ブームですが、Economyで考えると、Emerging Market特に中国、インドブームです。そしてその2大国でも中国は誰もが興味を持つSubjectです。

アジア=中国 と思っていいと思います。
 
学校で扱う題材も日本ものなんてサパーリでてきません。オペレーションとマーケティングで少しでてきたくらいで、それも昔のケースとかで最近の事項で日本が扱われることなんて皆無に近いです。これから成長が期待されるマーケットと成熟してしまって後が知れているマーケット、どちらに投資しますか?

野球でいえば、楽天・田中と中日育成選手の中村ノリ どちらにお金を出すかですよね

田中も甲子園であんなに投げていたら、のちのち肘、肩に負担がきて、昔のヤクルト岡林が大学時代に投げすぎた仇で若くしてだめになったり、あんなスライダー見たことが無いと思った伊藤智みたいに結局故障で20代でだめになるかもしれません。しかし、松坂のようにメジャーリーグに売却してCash Cowになる可能性もありますし、まあ、中国もそんな感じですよね。

中村ノリ、400万円なら中日も安い買い物したし、昔、川崎憲次郎で投資失敗しているので、400万円なら失敗しても大してダメージにならないし、メディアも取り上げてくれるしで、良い戦略だと思います。

話が飛びましたが、授業でもChina Como Pais Consumidor っていう中国にFocusした授業がありますし、Emerging Marketという授業では中国、インド、ブラジル、等々、新興国に特化した科目があります。今まではオペレーションで カンバン とか アンドン とかポカヨケなんて日本語がそのままオペレーション用語として習ってきましたが、これからは中国語関連の用語がたくさん出てくるような気がします。

現在、その代表例としてよく授業中にでてくるのは ”Guan Xi”
http://en.wikipedia.org/wiki/Guanxi  (wikipedia: guanxi)

The impact of culture in business という普通に英語でのクラスをとっているのですが、この授業でも普通にこのGuan Xiがキーワードとして扱われていました。

個人的に中国(中国語)は苦手分野ですが、そうも言ってられない時代になりましたね。。。
ますます日本のプレゼンスが小さく、小さくなっていきます。。。
[PR]
by esade | 2007-02-27 08:14 | Escuela [学校]

アントレプレナーシップ終了

先週、アントレのプレゼン準備でかなり忙しかったことをお伝えしましたが、実は今週、それをビジネスプランに書き起こす週でした。60ページくらいになったのですが、このレポートを作成するにも大変な労力がかかりました。(その上週中にはチャンピオンズリーグもあったので、これを見るために仕事も一時中断せざるをえませんでした。。。!?)

ということで、また毎日2-3AMまで書き続ける毎日でした。
目の下に隈できまくりです。。。

今日、満足とはいかないまでも形になったものができたので、これで長かったアントレも終了です。なにより最悪グループと一緒にしなくてもよくなったので気分的に晴れ晴れです。
[PR]
by esade | 2007-02-23 23:37 | Escuela [学校]

1週間が過ぎ

自分にとって、本格的な授業が今週から始まり、今タームも結構忙しいことに気づく。
周りの練習は週2日とか言っているが、私はなぜか週4日。どうしてだろうと思ったら、まちがって単位をとりすぎたようだ。
2回目のクラスまで変更可なので、いそがしかったら4単位分、クラスを取らなくてもいいや、と思っていたらドロップすることはできない、と言われてしまいました。
そんなの聞いてないよ、と思ったらきちんとレギュレーションに書いていました。orz...

まるで、 目論見書を全く見ずにファンドを買ったりするのと同じですね。
ということで、つまらない授業もドロップすることができず、忙しい日を送らねばいけません。

そして前回、話したように水曜日にスペイン語で授業を受けてみました。科目は
China como pais consumidor (消費国としての中国)
ドキドキだったのですが、なんとなく内容は半分くらい分かったような(分からないような。。。)、で発言しようと思ったのですが、その壁を越えることはできませんでした。アホなこと言えないし、頭の中で構成練ってたら次の話題に移ってしまうし。。。 グループワークもあるけど、クラスで一番キレイだと思っている彼女と同じグループになったので、がんばります。

ヨーロッパは暖冬だったのですが、先週くらいからめっきり寒くなり、スペイン北部、バスクとかは大雪が降っていました。まあ、バルセロナに雪は降ることはないので安心ですが。。。

なんだかんだいっても、あと数ヶ月でバルセロナ生活も終わりです。最後、満喫する予定
[PR]
by esade | 2007-01-27 21:38 | Escuela [学校]

LAST TERM

実は8日から学校が始まっていますが、1週間居なかったせいか、自分の中では22日からが本格的に始まるような気がします。
早速、20分のEnterprise Risk Managementのプレゼンが当日から待っているのですが、この授業は面白かった。日本にいってて3回ほど授業を休んでしまったのですが、休んだのが悔やまれるほど個人的に面白かったSubjectです。
今、日本ではJ-SOX法がなんたら、かんやら。。。と騒がれていますが、このERMがベースになっているんですよね。とても参考になったクラスです。

けど、今回のタームで一番チャレンジングな事はスペイン語の授業を取ること。

スペイン語の授業って、スペイン語を習うクラスではなく、英語で授業を受けるのではなく、
スペイン語で授業を受ける。。。一コマ3時間 X 5
もちろん、資料、テキストもスペイン語、発言もスペイン語でしなきゃいけない。。。
テストもスペイン語。。。

本当に出来るんだろうか。まあ、何事もチャレンジです。
ただ、ここの更新が途中ぱったり途絶えてしまったら、ヤバイと想像しておいてください。。
[PR]
by esade | 2007-01-21 17:42 | Escuela [学校]

TERM4 ほぼ終了

TERM4の最後は、グループワークやらプレゼンテーションやらレポートやら、毎日の睡眠時間も4-5時間で結構大変でしたが、ほぼ終了です。21日に一つの授業が残っていますが、これはたいして重要ではないので、98%今期も終了です。

1年の時は同じグループで、様様な科目をこなさなければならなかったのですが、今期はそれぞれ別々のグループとプレゼン、レポート等の共同作業をしなければならなかったので、スケジュール調整も大変で、もしかしたら1年次より大変だったかもしれません。

そんな中、ファイナンスのグループワークはメキシコ人の家で行いました。そこで遭遇したのは、
c0074657_0561733.jpg

PILLY(ピリー)です。
ピリーは、とても人懐っこくペロペロなめてきて、ほっとくと5分以上ナメっています。座っているとすぐに膝の上にジャンプしてきます。そのうち、テーブルの上にまで上ってきます。
c0074657_0584015.jpg

もう一緒に遊びたくて仕方ないみたいでしたが、我々のタスクを終えた後に遊んであげます。

グループワークも佳境に入るとだんだん嫌になってきますが、ピリーのおかげで気も休まり、最後までがんばる事ができ、ほんとにピリー様、様でした。やっぱり、犬はいいですねぇ~。

98%終わったので、心置きなくクリスマス休暇の予定を立てることができます。。。
[PR]
by esade | 2006-12-17 00:50 | Escuela [学校]

TERM4 終了前

最近、UPが行われていませんが、1年時のようになぜか忙しくなっています。
2年になったらある程度、余裕がでてくるかと思ったら、大間違いなようでした。
まあ、テスト前ということもあり、レポートの仕上げ、グループワークの集まり等々、やたらと時間の制約がついてきます。

週末もレポートを書き続けました。そして明日も休みなのですが、一日中、レポートを書く事になってしまいそうです。これが木曜も、金曜も。。。。orz.

レポートが終わったら、今度はテスト勉強です。これを乗り切るとクリスマスブレークです。
ヨーロッパのどこかに行こうと計画していますが、まだ未定です。

p.s. さきほど、バルサ対ブレーメンの試合が終わりました。
ブレーメンの野望もホナウジーニョの裏をかくフリーキックの前に敗れてしまいました。
フリーキックをもらったプレーはどうみても、シュミレーションですが、バルサホームでは全て審判も笛を吹いてしまいます。ただ、あのフリーキックは圧巻でした。
c0074657_1054324.jpg

ホナウジーニョ・ガウチョ
[PR]
by esade | 2006-12-06 10:06 | Escuela [学校]

gastronimic festival

去年に引き続き、学校でガストロノミック・フェスティバルが行われました。
去年、優勝したのですが、今年は残念ながら4位にも入りませんでした。(優勝はコロンビア)

途中、電源のブレーカーか落ち、電気コンロが使えなかったことで、お好み焼きが作れなかったこと。人気の寿司が早く終わってしまい、多くの人が味わえなかったこと等々いろいろ要因はあるかもしれませんが、これをばねに来年は今いる1年生が団結し、また入賞目指してがんばってほしいものです。

私は今年は別な国のものを食べることにがんばりました。オランダからはハイネケンの樽を用意してきて、生ビールを飲むことができて、うめぇ~ X 5杯 。その他、南米いろんな国のハードリカーX ショット10杯、その他スペインのワインやら食べ物よりやはり飲みばかりになりました。(もちろん、アメリカのバドワイザーは無視) それでもスイスのチーズはやはり美味かった~。

カメラを持っていかなかったので、友達からもらったら、後ほどUPするかもしれません。
[PR]
by esade | 2006-11-26 00:31 | Escuela [学校]

コム・デ・ギャルソン

今日はConsumer Researchという授業でなぜか コム・デ・ギャルソンが紹介された。

というのも、ギャルソンがフラグランスのプロダクトを出した時、その製作をしたのがバルセロナの企業だからだ。ゲストスピーカーとしてプレゼンをしたのだが、コム・デ・ギャルソンと仕事をした時は今までの考えを根底からひっくり返された、と話し、いろいろな話をしたのだが、あの会社に対してのレスペクトが感じられた。

彼はギャルソンの考え方がわからず、香水のイメージクリエーションからセールスプロモーションまで、間違った方向で考えてしまい当初の2年間はセールス的にも失敗した、と打ち明けた。
その後、方向転換し、3年目からは黒字になり、とくにUKマーケットの高級フラグランス部門では、一番のハイ・マージンセールスを記録していると語っていた。

コム・デ・ギャルソンというと、川久保玲。彼女はモード界ではカリスマを超えるような存在で、インスピレーションと彼女の哲学でもって、既成概念を打ち破るアートを提供している。
渋谷パルコの店にいっても、私が買って似合うようなものはほとんどなく、人生の中でシャツを1枚とTシャツを1枚買った覚えが遠い昔にある程度だ。今や苦学生の身だし、ファッションとはかなり距離が開いてしまったオヤジの年頃なので、とても私なんぞが着る服ではない。

それはそうと、学校ではいわゆるフレームワークを勉強しているのだが、ある意味川久保玲氏はそれを破壊するのが彼女のスタイルだ。そして、彼女の手法、デザイン、フィロソフィーは影響力を及ぼし、またビジネス的にも成功している。 じゃあ、何のために学校で勉強?…となってしまうのだが、これは彼女が人並みはずれたクリエイティビティを持っており、すでにカリスマ的な影響力を及ぼす人物なわけだから、こういうことができますが、凡人にはフレームワークとか使うしかないのかもしれません。。。 ただ、彼女の心意気だけは、真似したいですね。

確かに、トヨタとかホンダとか超有名日本企業のケースを勉強するのも、いいものですが、ファッション業界のニッチ分野であまり名の知れていない(クラスでギャルソンを知ってるのは2人だけだった。。。)日本企業をこうやって扱ったのは、ひさびさにびっくりしたし、嬉しいものを感じました。
そして、ギャルソンのフラグランスを手がけているそのバルセロナの会社は、その功績を認められ、(まだ香水を出していない)最強のラグジュアリー・ビッグブランド、プラダの香水を手がける契約を結んだそうです。。。

おしまい。
c0074657_3313127.jpg

[PR]
by esade | 2006-11-15 03:37 | Escuela [学校]