ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


フェズ そして タンジェ へ

マラケシュに戻った後は、電車でフェズへ向かった。
ここは最大のスークがある場所、そしてこのスーク自体が(確か)世界遺産になっている場所である。
スーク自体はマラケシュにもあったので、特別驚くことはないが、雰囲気がちょっと違った。なんか不気味な感じがするのである。マラケシュほど観光地化されてないので、夜にスークを出かけたときは、誰一人観光客がいなく、全てローカルしかいなかった。ジロジロ見られながら、不穏なときを過ごした。(翌朝、再び出かけたときは、観光客も結構いた。フェズで、夜のスークは観光客が行くところではなさそうだ。。)

フェズからバスでアフリカ最南端の町、タンジェにいった。だんだんとスペインの文化が入り混じってきて一番、目に冴えてくるのは家の色である。
フェズ近辺では、いわゆる黄土色、赤黄土色っぽい壁がほとんどであるが、南へいくとスペインの文化がはいってきて、白い壁の家になってくる。スペインに近づいているんだ、と認識することができる。

ある意味、ほっとした。

そろそろタジンやケバブ、ケフタにも飽きてきたころだったので、文明的な食べ物を食べたかった。ピザなんか食べたいなー、と思ったのもこのころだ。

モロッコは歴史的にも文化的にも自然的にも素晴しいものを持っていて、世界中の人々を魅了する国だと思う。しかし、また行くか?といわれたら、もう行かないだろう。
お金が無いのはわかるのだが、物売りやらお金をせびる人々、写真を撮ろうとしただけで、チップをよこせ、とかなりウザク感じたし、ビールが自由に飲めないのはやはり体に毒だ。
これだけ堪能したのだから、次は別の国へ旅行しよう。

それはそうと、モロッコではFCバルセロナが大人気だ。街中の子供はもちろんのこと、砂漠近くのお店もないような小さな村、土漠の中の子供もホナウジーニョ、エトー、と書いてあるアンオフィシャルシャツを着ている。
c0074657_23432462.jpg


砂漠から帰る途中、事故にあっているオフロード車がいた。
みんなも運転は気をつけてね (はーと)
c0074657_23444289.jpg

[PR]
by esade | 2006-09-12 00:31 | LIFE
<< いざスペインへ サハラ砂漠にて >>