ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


aniversario de boda

昨日は結婚記念日だったので、少々奮発しておいしそうなレストランにいきました。
おいしそう、というのは、友人から薦められたわけでもなく、ガイドブックにも載ってないお店に行こうと思ったからです。

いくつか調べたら、そんなに格式の高くない(気軽に入れる)、それでいて、クオリティの高い料理を出してくれるお店をハケーン。 それも徒歩圏内で行けるところにありました。

グラシア地区にある、SHOJIRO、 Catalan FoodとJapanese FoodのFusion料理です。

c0074657_9334090.jpg

白アスパラにハーブソースをかけ、海老と野菜のてんぷら風つけあわせです。

何がうれしいかって、ここはコース料理のみですが、一皿一皿、どのような料理か説明してくれます。(上の料理だけスペイン語で説明してくれたので、イマイチ意味わかりませんでしたが、他の料理は日本語と英語で説明してくれました) 日本人の女性の方がフロアーを管理しているので、バルセロナでは考えられないような丁寧なサービスでした。

あと、細かいところにこのお店のよさがでています。私がレストランの良し悪しを考える際、トイレを見ます。サービスの良し悪しはこういう場所に反映されると思います。ここのトイレはとても奇麗にされていて、申し分ありませんでした。また、洗面台には使い捨て歯ブラシも置いてあり、たとえばニンニク料理なんかを食べた後は、ここですぐ歯を磨くことができます。これには驚きました。

もちろん料理も牛肉のたたき、海老のタパスなのにあんかけソースをかけたり、オリーブオイルがたまにキツ過ぎるスペイン料理をうまく和テイストにアレンジして、Heavyな感じが全くしませんでした。もちろん、和食ではないので、カタランフードを堪能できます。本当の意味でのFusion Foodを堪能することができました。 (レストランによっては、Fusion Foodとただのごちゃまぜ料理を勘違いしているところもあるので。。。)




けど、最後はHeavyな感じがしました。
なぜって、デザートだけで3-4品くらいでました。

最初は一口サイズのTiramisu
c0074657_9523897.jpg

その後、チーズの上にカシスアイスが乗ったものに、ピナコラーダをかけて食べます
c0074657_9541734.jpg
c0074657_9545382.jpg
その次に、マンチェゴ・チーズ
最後はこれ
c0074657_9564133.jpg


料理もデザートも大満足でした。

そしてこの日は特別に、お店のBGMはSAXの生演奏でした。ボサノバを中心に演奏してくれたので、本当に満足のいく、結婚記念日のDinnerでした。

+++++
そしてこの日は、遠くハワイで大切な友人の結婚式があります。本当は行きたかったのですが、諸事情により泣く泣くいくことができませんでした。
遠いバルセロナから、祝福したいと思います。
Enhorabuena!
[PR]
by esade | 2006-07-08 10:01 | LIFE
<< 世界との差 いざモンセラットへ >>