ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


Corporate Finance

月曜日は、Corporate Financeのプレゼンがあった。
どの学校でもやると思うのだが、グループである会社のデータを集計し、それらをもとに将来のSalesForecastや、現在の株価が妥当かどうか、要はそのあたりの金融機関のアナリストと呼ばれている人がやる事を疑似スタディするものである。
今年は製薬会社が選ばれ、われわれのグループはSanofi-Aventisが宛がわれた。他のグループはGSKとファイザー。 
どのグループも土曜、日曜をつぶし、グループワークに費やしたようだ。深夜2時まで行ったところもあった。 われわれも、日曜5時から延々とグループワークを行った。(11時には終わったが)5人中1人がプレゼンし、残り4人が質問に答えなければならなかったので、家に帰ってからも結局2時くらいまで、プレゼンすることになっても大丈夫なように自己錬した。
(本当は、日曜夜、とても行きたかった飲み会があったのだが、少し顔を出しただけで全く楽しめなかったのと同時に、私以外全て参加していたので、申し訳ない気持ちになった)

2つのグループが同じ会社の分析をするのだが、よくもここまで、というくらい出てきた数字が違った。リスクフリーレートくらいが同じで、その他、ベータ値やWACCも全然違っていたので、結構驚いた。要はどんなAssumptionを持つかにより、全て変わるわけだし、それはグループ事に話し合いの元決められるので、まあ、そんなもんかと半分納得できる。(ちなみにベータはBloombergからとってきたものをそのまま利用www)
資料としていくつかのブローカリサーチを読んだのだが、あるところはBUY推奨だし、違うところはSELL推奨だし、結構Assumptionもいろいろあって、何より、アナリストって、買え、とか、売れ、とか言っちゃいけないので、ある意味、自分の言った言葉に責任持ってないというか、持てないですよね。BUY推奨してから株価下がったって、別にどうってことないし、言葉が悪いけど、そういう仕事で何千万ももらうのってどうなのかなぁと思いますが、それ以外にたくさん大変なことがあると思うし、そんな簡単なものではないと思うので、あまり批判はしません。

なにはともあれ、プレゼンも無事終了で、その後、スペイン語のテストも行われた。
現在形まではなんとかついていってたが、過去形やら未来形やらでてきて、付いて行くのが必死ですww

来週までテストが続きます。辛い日々が待っています。。。
[PR]
by esade | 2006-05-16 08:28 | Escuela [学校]
<< CL FINAL エスパニョール VS ソシエダ >>