ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


ちょっと考えたことについて

今日、同級生と話していて、自分なりにショックを受けたことがありました。

例えば、あなたがP&GやUnileverのマーケティングマネージャーとします。
そして、粉ミルクが担当製品で、それもアフリカ大陸が担当地域です。

マーケティングマネジャーとして、何を考えますか?

1. 20億ドルの予算があるので、広告キャンペーンを大々的に打ちます。
2. TVCM,Radio,雑誌、そしてスーパーでプロモーションを行います。
3. その結果、40億ドルの売り上げ、会社はHappy, あなたもHappy.

けど、それってHappyなことなんでしょうか?

私企業が20億ドルも広告費にお金を費やしている一方、UNICEFやWorldBankの公的機関が、20億ドルのお金を費やし、母乳を飲ませるキャンペーンをしています。アフリカでは特に免疫力の強い体を作らないと、すぐ病気になってしまいます。子供のころから、母乳を通じそのような抗菌力、免疫力をつけなければいけません。粉ミルクにすると、そのような自然の力というか、人間が生まれ持ったものを子供に授けることができません。

私企業が粉ミルクの広告に20億ドル
WorldBankが母乳のキャンペーンに20億ドル

その私企業がCSRとして(マーケティングツールとして)
WorldBankに2億ドルの寄付

こんなことが、普通に行われています。

PepsiやCokeのターゲット年齢もだんだん下降しているとききます。
たとえば5歳-10歳がターゲットになったらどう思いますか?(実際は知りませんが)
体作りに一番大切な時期に、Cokeを飲むことが普通になり、糖分、カロリーを異常にとることになり、アメリカ人みたいに肥満の問題をもたらします。

あなたがCokeのマーケティングマネジャーなら、5-10歳をターゲットにしますか?

こんなことが、普通に行われています。

同級生と話していて、自分なりにショックを受けたことでした。
[PR]
by esade | 2006-04-28 23:14 | Escuela [学校]
<< カディス戦 Road To Paris  ... >>