ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


UEFA CSR

先日、私も所属しているSportsBusinessClubが主催となり、スイスからUEFAのCSR(Corporate Socail Responsibility)の担当者を呼び、プレゼンテーションを行った。

UEFAはUEFA ChampionsLeagueや、EURO2004、EURO2008といった、世界的イベントを主催するヨーロッパ・フットボール・アソシエーションだ。
その母体がCSR(Corporate Social Responsibility)を取り組むという、フットボールの与える影響をどのように社会的貢献に代えていくか。ちがった角度から、このアソシエーションを見ることができた。

プレゼンターの方は自分の仕事の50%はCSRに、残りをAnti-Racismや他のプロジェクトに費やしているという。

Anti-Racismに関しては、ここヨーロッパ、特にスペインとイタリアでは非常に問題になっている。最近でもバルサのエトーがサラゴサ戦で侮辱された問題があった
UEFAはNGO団体のFARE(Football Against Racism In Europe)と提携し、なんとかこの問題の重要性を唱えているが、各サッカー協会、とくにスペインやイタリアフットボール協会はあまり重要視してない、ということもはなしていた。

フットボールビジネスが台頭するなかで、Sales/Revenueばかりに目が向きがちだが、フットボールを通じてどのような社会的メッセージをどのように広めることができるか、今後重要な役割をはたさなければならない分野ではないだろうか。

<今日からイースター休暇(Semana Santa)です。数日、席をはずします。。。>
[PR]
by esade | 2006-04-08 21:52 | Escuela [学校]
<< IBIZA  バルサ - ベンフィカ (CL... >>