ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ENGLISH or (and) OTHER LANGUAGE

今週、水曜日のFinancial Times にこんな記事が載っていました。
c0074657_8313100.jpg


Native English speakers 'to lose economic advantage'

詳しい内容は割けますが、要は会社のインタビュー時に”英語はなせます”
だけだと、なんのアドバンテージもない、とのこと。話せて当然の時代になった。
差別化するためには、
英語+他のスキル  または
英語+他言語     が必要とのこと

記事の中では、北京オリンピック前までに北京の80%の警察官は日常英会話が話せるように、国家をあげて練習しているようです。これが現実になると、恐ろしい。ますます東京が遅れていくような気がします。

また、記事の中では、やはりマンダリンやスパニッシュを習うのがお勧め。って書いてました。
Mandarin  1052million People
English 508million
Hindi 487million
Spanish 417million

ソース(ブリティッシュカウンシル)

記憶が正しければ、ウォーレン・バフェットは自分の娘にMandarinを覚えるように教育しているらしく、今では英語よりMandarinのほうがうまいらしい。

個人的にMandarinの発音、好きになれないですね。。。。
[PR]
by esade | 2006-02-17 08:28 | OTHERS
<< 悪い点について クラス内での企業プレゼン >>