ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


ESADE について

c0074657_1756293.jpgESADE MBAへようこそ!

EUROPEAN MBAに少しでも興味をもった...
SPAIN MBAに興味がある…
本当の意味でのInternationalな環境で勉強したい

そして、アートが好き!モデルニスモ建築が好き!エキセントリックな街が好き!フラメンコが好き!フットボールが好き!スペインが好き!.......

そんな人は、ぜひESADE MBAにきてください!!

ESADEには、文字通り世界各国から多様で優秀な学生が様々な目的のもと集まってきています。
ここバルセロナで、地中海を望みながら、学業だけでなく私生活でも最高の環境を提供してくれるプログラムです。

ESADEとは詳しくはOfficial Homepageをご覧になるとわかりますが、バルセロナとマドリッドにキャンパスがあります。
マドリッドキャンパスはExecutive MBAのみなのでここでは、バルセロナキャンパスのみの紹介です。
Barcelona Campusでは英語MBAスペイン語MBAがあり、前者は英語での授業、後者はスペイン語での授業です。そして、18ヶ月の18-month Programと12ヶ月の1-year Programがあります。1-year Programは最近できたようで、詳細はわかりませんが知り合いができたら聞いてみます。ここでは私も通う18ヶ月Programについて説明します。 (以前はスペイン語MBAのみでしたので、あまりなじみがないと思いますが、数年前から、英語MBAが創設されています)

最適な期間(18ヶ月)

ヨーロッパでは数校除いて、1年Programがメインになっています。特にFTかBusinessWeekの記事には、特にアメリカで多い2年プログラムは生活コスト、そして雇用機会コストの面でも敬遠するCandidateが増えてきて、ヨーロッパの1年コースや会社を辞めなくても良いExecutive MBAにShiftしていると記載されていました。その点、ESADEは18ヶ月です。1年では短すぎる、2年では長すぎると思われている方には最適な期間です。1年制プログラムではElectiveの教科が少なくなりがちですし、インターンシップもできませんが、18ヶ月ということで2年制スクールに負けないくらいのElective教科を2年目カリキュラムに組み入れることができますし(スペイン語での授業も取ることが可能です)またインターンシップも可能です。
18ヶ月間のおおまかな流れは以下の通りです






8月中旬 Intensive Spanishコース (希望者のみ)
  2週間の集中スペイン語講座

9月最初  Orientation Week

9月  Pre-Termコース<Business Foundation>
  ビジネスローや、Accounting等入門コース 
 ¡ いよいよ本番スタート!
TERM1 (10~12月) General Management and Environment
LEAD含めQuantitative ModelやManagerial Accounting等

TERM2 (1~3月) Integration Strategy with Business Functions
Corporate StrategyやHR Management等

TERM3 (4~6月) Global Management Corporate FinanceやInternational Marketing Strategy等

SUMMER INTERIM PERIOD (6~8月) Experiential Learning
   Internship やコンサルティングプロジェクト
 ¡ 2年目スタート!
TERM4-5 (9~3月) Electives
この6ヶ月はElectiveクラスや交換留学プログラム、Entrepreneurshipコースを取ることができます

レクチャー OR  ケース?
学校によってはレクチャーに重きを置いている所、ケースに重きを置いているところ、またはバランスよくMIXされた所があります。どれがいいという答えはありません。あくまでも個人ベースの好みにもよりますし、個人能力も影響してきます。成績のつけ方なんかも加味したほうがいいかもしれません。たとえば、成績は相対評価か?絶対評価か?クラスでの発言が成績の何割か。クラスはチームワークか、Competitiveか。それらを吟味しながら自分に合った学校を選ぶことが大切かと思います。
本題のESADEですが、レクチャーとケースがバランスよくMIXされています。また、クラス内で相手を蹴落とそう、というような雰囲気は無く、チームワーク重視というか必須です。成績も絶対評価で、下位XX%が除名されるようなことはありません。

ユニークでレベルの高い教授陣

ベストセラー本、“GOOD LUCK”で一躍有名になったFernando Trias de Bes教授や、92年バルセロナオリンピックでFinanceDirectorを務めたJoanMason教授をはじめ、FulltimeProf. 81名の、ParttimeProf. 44名そしてVisitingProf. 21名 (04年)で構成されています。


スペイン語クラス 必修
International MBAはスペイン語の授業が必修です。 そして卒業前にスペイン語のテストがあり、これをクリアしないと卒業できません
卒業の前提に語学テストを課すのはESADEかINSEADくらいではないでしょうか。ただスペイン語の教授も優秀な方が多く、ほとんどの学生は問題なく会話ができるまでに上達します。(というか上達したい…)
もともとスペイン語が話せる学生(スペイン人や南米)はドイツ語やフランス語のクラスを取っています。
ESADEは語学学校としても有名で、この講師がMBAの学生にもスペイン語を教えています。その中にはMercheRaya講師がいますが、彼女はFCバルセロナにくる外国人の個人レッスンの講師でもあり、デ・ブール兄弟やクライフェルトにも教えていました。
(ヨ・ソイ・ハポネス、キエロ・セルベサ… グラシアス のレベルからがんばります。。。)
[PR]
by esade | 2005-07-01 18:12 | ESADEについて
<< ESADE in RANKINGS 正露丸 >>