ESADE MBA in BARCELONA      (PEPEです。バルセロナで学生してました。07年4月卒業)
by esade
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ESADEについて
ESADE in RANKINGS
WHY ESADE?
Escuela [学校]
MBA準備
バルセロナLIFE
business
サッカー
LIFE
OTHERS
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


正露丸

出発準備をする上で、もって行く薬、捨てる薬を仕分けしていた。

旅行、とくに東南アジアへの旅行の際、必ず持っていくものは

正露丸 だ。

胃腸に合わないものを食べ、せっかくの短い旅行期間を台無しにしてしまうほど悲しいことはない。以前、フィリピンで、コテージに泊まった際、"Drinking Water"と書いてあったJarの水を飲みえらい目にあったことがある。(そのときは悲しいかな、正露丸をもっていかなかった)

そこで学習をした私は、タイに行くときも、ネパールに行くときも、ブラジルに行った際も、そして大丈夫であろうアメリカに行った際もいつも携帯していった。
厳しい税関で有名なロンドン・ヒースロー空港では、"これはなんだ?”と言われ、正露丸の瓶のふたを開けてにおいを嗅いでいた。
私は、鼻でせせら笑いしながら、"this is a japanese medication. King of medication." と一蹴した。

そう、私にとって、正露丸は"KING OF MEDICATION" であり、"GOD OF MEDICATION"である。

当然、風邪薬や胃腸薬等は現地で調達しても構わないと思っていたが、正露丸だけは持って行こうとおもっていた。

と思ったらこんなものを見つけてしまった。
「危険な正露丸の服用」
c0074657_15484485.gif


持つべきか、持たざるべきか。 それが問題だ。
[PR]
by esade | 2005-06-30 15:50 | LIFE
<< ESADE について 離日までカウントダウン >>